劣等感を燃料に、乙女よ花を咲かせなさい【ライター/トイアンナ】

劣等感

こんにちは、トイアンナです。「劣等感さえなければ」「コンプレックスを抱いてしまう」といったご相談、たくさんいただいております。誰だって「あんな奴、たいしたことないくせに」なんて気持ちを抱くのってしんどいですし、人から気づかれたくもない。それでも気になるものは気になります。

 

気になるものは、気になるものです

私は下半身デブを小6からこじらせており、いくらダイエットをしても尻のサイズが減りません。ボン・キュ・ボンを目指したくとも胸は貧相。ジーンズを試着しては尻で引っかかり「これさえなければ」と涙を飲んでまいりました。

 

ですからスレンダー女子を見るとつい「あの骨格さえあれば」と妬んでしまいますし、何ならリカちゃん人形すら見るのがつらい。

 

けれど劣等感のおかげで、ずいぶんと助けられました。「外見だけの女にはならぬ!」とゴリゴリ勉学へ励めたからです。いま思えばスレンダー美女はさらに賢く良い子が大量にいて当たり前ですが、劣等感って身勝手ですよね。あいつにXXでは勝てないけれど他で差をつけてやる、と思いたくなるのです。

 

私の尻に対するゆがんだコンプレックス、けれどそのおかげで何とか進学できました。私のような怠惰な人間がうっかり美女だったものならば、外見にかまけて勉強など一切しなかったに違いありません。

今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです!

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします!

詳細を見る

LINEで無料相談する

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。