退職トラブルに巻き込まれたくない!円満退職のための方法3つ

円満退職




トラブル3:会社都合の退職なのに自己都合にされている!

退職にあたり、離職票に書かれている「○○都合」という欄。これはどちらでもいいというものではありません。会社都合と言うのは、具体的には会社に退職させられた場合や、派遣の期間を途中で解除された場合などです。自己都合というのは、自分の体調不良など、自らの意志で退職した場合。

会社都合での退職であれば退職金が高くなり、失業手当がすぐ支給されますが、自己都合だと3カ月の待機期間があるのです。

このように、会社として都合が悪いので、会社都合のはずなのに勝手に自己都合にさせられていたということも、現実問題良くあることのようです。

退職したら、必ずそこを確認しましょう。もし違った理由が書かれていたら、上司にしっかり問い合わせ、修正してもらってください。

まとめ

トラブルに巻き込まれてしまって、退職活動がなかなかうまくいかないこともあります。ですが、トラブルに巻き込まれたせいで、新たな道を選ぶことをあきらめるのはもったいない! 辞めるという強い意志と正しい知識を持って、退職トラブルを回避しましょう!






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。