退職の最終日を過ごす方法とは?




退職の最終日を過ごす方法とは?

出社する時間は、退職する日も普段と同じです。

しかし、退職する日は、挨拶回りや会社に返すものなどの準備など、普段と違うことがあるため、慌ただしくなります。

ここでは、退職の最終日を過ごす方法についてご紹介します。

退職の最終日の出勤時間

可能な限り退職の最終日の出勤時間は、普段よりも30分程度早めにして、自分の机の周りなどを掃除するのがおすすめです。

このときは、必ず忘れ物がないか確認しましょう。

退職の最終日は、いろいろ忙しいため、時間に余裕を持っておくのがいいでしょう。

お菓子を退職の最終日に渡す時期

退職する人がお菓子を渡すときがありますが、マナーとしてお菓子を必ず準備するということはありません。

しかし、お菓子を感謝の気持ちを込めて渡したいときは、午後の退職の挨拶をするときに渡すのがおすすめです。

午前中はいろいろな仕事で忙しい人も多くいるため、話がゆっくりできないときが多くあります。

しかし、午後であれば仕事も一段落しているときが多くあるため、挨拶をしてもしっかりと聞いてくれます。

退職の最終日の午前中の過ごし方

最も退職の最終日の午前中に大切なことは、後任者と最終の引き継ぎの確認を一緒に行うことです。

最終の引き継ぎの確認が終わると、会社に返すものなどをまとめておきましょう。

退職の最終日の服装とは?

普通通りの服装で、退職の最終日は問題ありません。

会社が決めた制服があるときは、その制服を着ましょう。

また、退職の最終日に制服を返す必要があるときは、制服は着ないでスーツがいいでしょう。

退職の最終日でも会社の社員であるため、仕事に向いている服装が基本になります。

では、退職日の最終日に女性はどのような服装がいいのでしょうか?

基本的に、女性でも同じです。

別の社員は普段通りに仕事をしています。

退職の最終日は、社員として仕事をする最後日であるため、スーツを着て出勤するのがおすすめです。

また、いつもは私服で仕事をしている人は、退職の最終日も私服のオフィスカジュアルなどでもいいでしょうが、お世話になった人に退職の挨拶をするためスーツの方がいいでしょう。

なお、業界・会社によって服装の厳しさは違っているため、悩んだときは退職の最終日の服装について会社に聞いてみましょう。

では、工場での退職の最終日の服装はどうすればいいのでしょうか?

工場で仕事をしている人は、会社から作業着などを支給されているでしょう。

会社から支給された制服は、基本的に、退職するときに返すようになっています。

しかし、工場によって、退職の最終日に返す、退職の最終日まで着て後日返すなどというように、少し違っています。

そのため、退職日が決定したときに、制服を返す時期を確認する必要があります。

後日返すときは、退職の最終日も作業服がおすすめです。

退職の最終日に返すときは、当日仕事を行うかどうかで違うため、服装は会社に相談して決めましょう。

退職の最終日に出社する前に準備することとは?

ここでは、退職の最終日に出社する前に準備することについてご紹介します。

大きめのバッグや紙袋を準備する

退職の最終日に出社する前には、大きめのバッグや紙袋を準備しましょう。

退職の最終日には退職のお祝いや花束をもらうときがあり、この量が多いとその日の持ち帰りができません。

車で通勤しているときは車に積めるため問題ないでしょうが、電車で通勤しているときは手で持てないため駅のロッカーなどに入れておいて後から取りに行くことも必要になります。

そのため、退職の最終日には、大きめのバッグや紙袋を持参して出社すると安心です。

お菓子を持参する

挨拶回りをするときは、一般的にお菓子お礼の言葉とともに渡します。

挨拶回りに手ぶらで行くよりも、お菓子を渡す方が感謝の気持ちがよく伝わるため、可能な限りお菓子を持って行きましょう。

早めに出社してロッカーや机を掃除する

退職の最終日は、いつもよりも30分間~1時間程度早めに出社して、自分のロッカーや机の掃除をしましょう。

ロッカーや机のゴミを掃除したり、水拭きしたり、私物が残っていないかなどを確認します。

掃除を仕事時間中にすれば他の人の迷惑になるため、朝早くの職場の人がまだ出社していないときに行うのがおすすめです。

私物で持ち帰れないようなものは、自宅に会社から送りましょう。

退職の最終日の挨拶のマナーとは?

退職の最終日になったときは、当日に社会人としてどのようなことをするといいか迷うような人もいるのではないでしょうか。

ここでは、このようにならないように、退職の最終日の挨拶のマナーについてご紹介します。

退職するときのスピーチ

ネガティブなスピーチの内容にならないようにしましょう。

また、他の人は多くの仕事をまだ持っています。

そのため、あまりスピーチが長くならないように気配りすることも必要です。

しかし、あまりにも簡単過ぎないようにしましょう。

また、エピソードの具体的なものをプラスすれば、スピーチがわかりやすいものになるでしょう。

退職するときのスピーチの流れとしては、退職の報告、お礼、今からの決意、職場への対応のお礼、締めの言葉になります。

退職するときにおすすめのお菓子

退職するときには、お礼のお菓子がおすすめです。

お世話になった方に対してスピーチや挨拶、メールのみではやはり機械的なイメージを与えることがあります。

そのため、退職の挨拶回りをするときに、一緒にお菓子を持っていけば話のきっかけになるでしょう。

お礼の菓子折りをプラスすることによって、あなたのイメージも非常に良くなるかもしれません。

ここでは、お菓子を選ぶときのポイントについてご紹介します。

お菓子の予算の相場は職場の規模によって違ってきます。

理想的なのは、トータル額が2,000円〜3,000円以内です。

一般的に、一人当たりだいたい50円〜300円でしょう。

上長や特に親しい方のときは、単価をちょっとアップするといいでしょう。

できれば、個別にお菓子を準備するといいでしょう。

妥当なのは300円〜500円程度と思われますが、お世話になった方の好みに応じてお礼のお菓子を渡すと喜んでくれます。

しかし、お礼のお菓子をあげるといいということではないため注意しましょう。

お礼のお菓子は予算だけにとらわれないようにしましょう。

おせんべいやクッキーなどのように持参したときにボロボロになるようなものは避けましょう。

また、個人に1つずつお菓子をあげるときは、個装されているものにしましょう。

カットする必要があるケーキなどは避けてください。

また、生き物は避けた方がいいでしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。