退職するときに初めに伝える人とは




退職は誰に、いつ切り出すのがいいか?

まず、企業によって退職できるまでの期間は違っています。

そのため、申し出がいつまでであれば問題ないと一律にいうことはできません。

退職の申し入れの期間は企業の就業規則などで決まっているはずであるため、この期間をチェックして手続きするのが適切です。

退職は直属の上長に切り出します。

同僚や先輩に退職について相談したいかもしれませんが、同僚や先輩から退職の話が伝わることによってトラブルになることもあり得ます。

そのため、退職の意向を上長に伝えて、承諾をもらってから同僚や先輩に話をしましょう。

しかし、正式に退職の話が公表されるまでは他の人にいわないようにしましょう。

正式に公表される前に退職の話をすると、無用に他の人を混乱させることがあります。

退職はだれに言うべきか?

退職を決心すれば退職を切り出すようになりますが、このときは会社の就業規則を先にチェックしておく必要があります。

一般的に、会社の就業規則では、退職する日の1ヶ月〜3ヶ月前に伝えるようになっています。

退職は初めに上長にいいます。

このような人事に関係することは、初めに上長にいうことが大切です。

まず、上長に退職の相談をするためにアポイントを取ります。

「退職したいため、お話をしたいのですが…」といきなりいうのでなく、「ご相談したいことがあるので、お時間をいただけませんか」といいます。

話を実際にするときに「それまで我慢していた不満をいう」のは、マナーとしても駄目です。

退職を相談するときは、不満をいう機会ではありません。

新しくやってみたいことがある、今までの体験を活用してキャリアアップしたいなどというような転職の動機と一緒に、一緒に今まで仕事をしてきた上長に対しても気配りしましょう。

一方、メールであれば、詳しく退職について書けるためいいのではないかと考える人もいるでしょうが、メールで退職の話を伝えるのは駄目です。

というのは、一方的に退職を伝えるようになるためです。

退職するのは、自分で決心して、都合がいいときに退職するということではありません。

会社に雇われているため、会社の就業規則に従って仕事をして給与をもらうようになっています。

退職するときは、まず上長と相談してから退職できるということを考慮して対応しましょう。

上長に相談する前に、先に引き継ぎについて同僚に話をしたり、取引先の担当者に話をしたりするなどは絶対に止めましょう。

行動が自分勝手であると見られてしまいます。

退職はまず誰に切り出すか?

退職すると決心したときは、初めに切り出す相手を誰にするか迷うことがあるのではないでしょうか。

最終的に全ての人にわかるのであるため、誰にいっても問題ないのではないかと考えるかもしれません。

しかし、退職するのは、影響が職場にあります。

初めに退職を切り出す相手をミスすれば、考えてもみなかったような事態になることがあります。

余計なトラブルが職場で発生したり、他の人の威厳を傷つけたりするときがあるので、慎重に初めに切り出す相手は見極める必要があります。

初めに退職を切り出すのは、同僚や先輩は駄目です。

同僚や先輩に退職を切り出すと、たぶんすぐに上長に伝わるでしょう。

退職を上長に切り出す前に同僚や先輩に退職の話を切り出すと、上長は退職の話を後回しにされたので、間違いなく気分が悪くなるでしょう。

また、退職の話が先に社長に伝わったときは、上長の部下を管理する能力が疑われてトラブルの要因になります。

では、退職はまず誰に切り出すのがいいのでしょうか?

退職はまず上長に切り出す必要があります。

上長が部下を管理しているため、初めに退職を切り出すのは上長です。

退職のスケジュールについても、上長に相談するのが適切です。

どのような上長でも、この順番のみは絶対にミスしないようにしましょう。

上長に退職を切り出すときは、最初の言葉が大切です。

「退職したい」といきなりいうと、上長はびっくりするでしょう。

前置きとして「今からのことについて大事なご相談がありますが、ご都合がいい時間はないでしょうか」などというように話をしましょう。

上長は、大切な話であることがわかるので、気持ちを整理した上で話を聞いてくれます。

そのため、大切な退職の話をしても、慌てないで聞いてくれやすくなるでしょう。

退職するときに初めに伝える人とは?

では、退職するときに初めに伝えるのはどのような人がいいのでしょうか?

退職するときは、上長に初めに伝える必要があります。

上長は役職などが無いときでも、部下を管理する責任があるため、退職するときはまず上長に伝えます。

日本の会社では、基本的に退職するときはまず上長に伝えるようになっています。

上長としては、部下を管理する責任があるため、退職を聞いてなかった、知らなかった、わからなかったということは言いたくないでしょう。

また、先輩が上長に退職を伝えるときに付き添ってくれるときもあります。

優しい先輩のときは、課長クラス、部長クラスの上長に話をするときに一緒に話をしてくれるときもあります。

一緒に話をしてくれることによって、的確に退職の意思を伝えることができ、退職の引き止めもなくなるでしょう。

一般の社員が課長クラス、部長クラスの上長に退職の意志を伝えるときは、何となくうやむやにされたり、転職先が決定していないときは引き止めされたりするときも多くあります。

例えば、転職先が決定していなく、対人関係や仕事内容が良くなくて退職したいと思っているときは、人事に先輩や上長が相談してくれるときもあります。

人事としては、社員が退職する手続きは結構大変であるため、社員の部署を異動することで退職の引き止めができるのであれば、本音としてはそれで済ませたいでしょう。

そのため、人事に先輩や上長が相談してくれるのは、悪いことではありません。

一般の社員が退職するときの流れは、基本的に本人から上長、上長から人事というようになります。

会社が大きいときは、人事は相当大きい決定権があるので、本人から直接人事に伝えると、本人と人事の間の全ての人は評価が「管理不行き届き」ということで悪くなることがあります。

退職する本人としては、このようなことは関係がないことかもしれません。

しかし、転職先で現在の会社と取引するようなこともあるでしょう。

あるいは、顔を町中で合わせるときもあるのではないでしょうか。

退職するときに話をスムーズに進めるためには、ここでご紹介したように退職するときに初めに伝える人をミスしないようにして手続きを進めましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。