退職したくなるストレスの要因とは?ストレスの対応方法などを解説




退職したくなるストレスの要因とは?

ストレスが、退職したくなるほとんどの要因であるといわれています。

ここでは、退職したくなるストレスの要因についてご紹介します。

対人関係が良くない

ストレスの要因としては、対人関係が多くあるようです。

先輩や上長に気配りし過ぎる人は、ストレスが何らか溜まりやすくなります。

また、自分がネガティブな性格であるため社内の雰囲気が良くないと思ったり、自分のことを過小に評価したりします。

上長から何気なく注意されたことも、深刻に考えるためストレスになります。

収入が多くない

普通に生活するために月々の収入が足りなくなると、ストレスが溜まります。

お金がなくてストレスが溜まるのを無くすためには、節約したり、副収入を得たりするしか方法はありません。

しかし、現在の会社が長時間働いても満足に残業手当ももらえないのであれば、時間的に自宅で副業することもできないでしょう。

また、現在より収入が高いところに転職するのも効果があります。

このときに現在の会社に退職したいというときは、正直に「現状では節約をどのようにしても2人の子供の教育費も足りない状況です」などと話しましょう。

仕事量が多い

毎日仕事量が多いため長く残業することが継続すれば、身も心も疲れてきます。

上長の評価が気掛かりであったり、責任感が強すぎたりする人は、頑張り過ぎて、メンタル的に参ってしまいます。

仕事が多いというのは、一般的に残業時間が1ヶ月間に45時間以上です。

厚生労働省においては、適正な労働時間は1ヶ月間で45時間、1年間で360時間が上限であると決まっています。

将来性が会社にない

将来性が会社にないような感じがすると考えれば、このことで悩んでストレスになります。

会社にの将来性を判断するのは非常に困難で、いかに大きな会社でも倒産することがあります。

将来性が現在の会社にないと思って、自分が退職したいことを正当化しているのでしょう。

しかし、業績が悪くなっているというのは、相当高い確率で当たることもあるといわれます。

愛社精神があると、会社の役に何とかして立ちたいと思うでしょう。

この気持ちが無くて、会社を良くする気持ちがないのであれば、きっぱりと退職するべきです。

ストレスが要因で退職したいときの対応方法とは?

ここでは、ストレスが要因で退職したいときの対応方法についてご紹介します。

第三者に相談する

自分のみで考えていると見方が狭くなっていることもあるかもしれないため、客観的な立場の第三者に相談しましょう。

自分の考えを変える

他の人の考えを変えるのは困難ですが、自分の考えを変えて仕事をする方がストレスは少なくなるでしょう。

社内の人事などに相談する

配置転換などの機会があれば、一度検討してみるのも方法の一つです。

このような対応方法でも、ストレスが無くならないときは、転職を考える方がいいかもしれません。

仕事によるストレスを無くす方法とは?

ストレスの要因を探して、要因を解消する必要があります。

簡単な方法としては、紙に自分のストレスを書くことです。

紙に思いつくまま書いてみましょう。

ここから、どうしてそう考えたかについて書きます。

その結果、自分が置かれている客観的な状態を振り返ることができます。

ストレスがこれでも無くならないときは、思い切って書いた紙を破ってみましょう。

破ることによってスッキリした気分になるでしょう。

大きくストレスをわけると、イライラするときと気持ちが落ち込むとき、身体に現れるときがあります。

イライラするときはアクティブな運動や旅行など、気持ちが落ち込むときはリフレッシュや気分転換、身体に現れるときは十分な睡眠時間や入浴などがおすすめです。

次のようなことなどを参考にして、自分に適したストレスを無くす方法を探しましょう。

  • 旅行、芸術、音楽などの趣味
  • 温泉、アロマ、温泉、入浴剤を使うなどのリフレッシュ
  • 散歩、ヨガ、スポーツなどの運動
  • 整理整頓や模様替えでの気分転換
  • 友人と仕事の後に飲む
  • 話を他の人に聞いてもらう
  • 自分に対するご褒美を決める
  • 自然や動物と触れ合う
  • 睡眠を十分にとる

このようなストレスを無くす方法は、一時的に効果がある可能性が大きいものです。

休日が充実して過ごせても、根本的な要因が無くならなければ、またストレスが繰り返してしまいます。

自宅に帰っても頭から仕事のことが離れなかったり、不安に急になったりするときは、オンオフが上手く切り替わっていないと思われます。

仕事とプライベートは、やはり割り切ることが大切です。

ストレスを無くす自分なりの方法を探して対処したり、休みを思い切って取ったりするなど、根本的な要因を無くす方法を探しましょう。

対人関係が良くない、会社や上長のやり方が良くないなど、仕事そのものに根本的に要因があるときは、これを無くすことが大切です。

上長に相談して、部署を変わったり、休ませてもらったり、転職・退職したりするなどを検討してみましょう。

もし、ストレスの要因が他の人に話せないため悩んでいるときは、無料で話を匿名で聞いてくれる相談窓口に頼むのがおすすめです。

相手は知らない人であるため、全てを話して気分的にスッキリするかもしれません。

収入のために我慢して辛い仕事をしている人は多くいるでしょうが、支障が心身に出れば全く意味がありありません。

会社に迷惑をかけたくないと思っているのであれば、考え方を変えましょう。

基本的に、体が資本であるため、自分に向き合う時間を異変があれば作りましょう。

仕事に対してストレスを強く感じているのは、自分がもともとやりたいことと合っていないことが要因でしょう。

日本では、昨今、実力主義になっているので、転職することはよくあります。

転職するのは抵抗がちょっとあるような人もいるでしょうが、実際にはポジティブな「自分に適した会社に入れた」「キャリアアップして成長できた」などのものが多くなってきています。

自分に対して、本当に現在のままでいいか問いかけてみましょう。

人生は一度きりのものであり、自分がもともとやりたかったこと、あるいは自分のスキルが活用できることに挑戦するのもいいでしょう。

当然ですが、ストレスが自分にとって少ない仕事を選択するのも方法の一つです。

しかし、計画無しでの転職活動や退職は、かえて逆効果になります。

信頼できる人などにしっかりと相談して、ゆっくりと焦らないで検討してみましょう。

他の人に相談したいときは、地元の労働相談コーナー、あるいは気軽にネットで話を聞いてくれるサービスを使うのもいいでしょう。

ストレスが溜まっている人は、可能な限り相談窓口などで早く相談しましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。