退職のタイミングを考えるポイントや同僚に退職を話すタイミングなどを解説




退職のタイミングを考えるポイントとは?

ここでは、退職のタイミングを考えるポイントについてご紹介します。

転職活動をスタートしてから退職するまでは2ヶ月間~4ヶ月間かかる

一般的に、約2ヶ月間~4ヶ月間転職活動をスタートしてから退職するまでにかかります。

退職することを決心して転職活動をスタートして内定しても、退職を会社に伝えて引き継ぎすることなどを考えればこの程度の期間は必要になります。

目安としては、転職活動をスタートしてから内定するまでに1ヶ月間~3ヶ月間、退職を会社に伝えて退職日までに1ヶ月間~2ヶ月間かかります。

法律においては、「退職届を提出した後2週間で退職できる」と決まっていますが、実際にはこのようなことでは会社に相当自分勝手なイメージを与えます。

有休が残っているときは有休消化でほとんど終わって引き継ぎができなく、トラブルが会社と発生するようになるかもしれません。

スムーズに退職するためには、上長に退職する日の1ヶ月~2ヶ月前に相談して、退職したいことを伝える必要があります。

一般的に、退職の意思をはっきりと伝えたうえで、上長と具体的な退職日は相談して決定します。

退職日は、仕事の流れや引き継ぎする人の都合などを考えて決定するようになるでしょう。

当然ですが、転職活動が遅れるとさらに退職日は延びるようになります。

そのため、退職のタイミングは、転職先が決定してからでも問題ありません。

それまでは、優先順位の第一に内定を取ることを据えておきましょう。

しかし、現在の会社がブラック企業であるため、可能な限り早く退職したいときもあるでしょう。

このようなときは、退職したいことを先に伝えて、退職するまで仕事をしながら転職活動をする方法もあります。

基本的に、自分が好きなタイミングで退職してもいいでしょうが、一般的に、このときでも退職する日の1ヶ月~2ヶ月前に伝えましょう。

しかし、転職先が退職するまでに見つからない、焦って転職先を決定してミスするなどのリスクもあります。

できる限り早く退職したいということでも、自分のスキルや実績を考慮してスムーズに転職活動ができるか落ち着いて判断し、退職のタイミングを決定しましょう。

求人が多くなる3月、10月をベースに退職のタイミングを決定する

新しい会社の体制がスタートするのは、決算月の12月と3月の次の月になります。

決算月が3月の会社のときは、雇用を1月から強化して内定を2月、3月に行うような日程になっています。

また、決算月が12月の会社のときは、求人の募集を決算が終了した1月~3月に多くするときがあります。

そのため、転職のチャンスが10月〜3月は多く、転職活動には1年を通じておすすめのタイミングです。

例えば、退職することを年度末に決心するとしましょう。

1月から転職活動を行って、内定を2月にもらうことができると、退職届をその時点で提出して、引き継ぎを3月に行って、有給を消化した後に退職をして、転職先で4月1日から仕事をすることができます。

新しい会社の体制がスタートしたばかりであれば割合転職先でも馴染みやすく、これ以外にも新入社員が多くいるので他の人からさまざまと教えてくれやすいということもあります。

求人数が3月も多くなりますが、年度末になるので人事部門が繁忙期になり、選考が進みにくくなったり、面接が転職先で組まれにくかったりすることもあります。

そのため、年度末の退職も困難になるため、転職活動を1月頃からスタートするといいでしょう。

また、求人数が10月も多くなります。

10月は新卒採用が終わって中途採用がスタートし、退職したい人が年末いっぱいで多くなるので、欠員を補充するために募集もスタートし始めます。

転職活動を9月からスタートし始めて、退職するのは12月末、あるいは12月にボーナスが支給されるときは1月末がおすすめです。

「希望するような求人募集がない」「退職をずっとなんとなく考えているが転職活動をスタートしていない」というようなときは、転職活動を10月あるいは1月〜3月を目安にスタートする方法も選択肢の一つにするといいでしょう。

会社が忙しい時期は避ける

転職活動をスタートしてから会社が忙しい時期が2ヶ月〜4ヶ月後に来るときは、スムーズに退職するためには転職活動の時期を変える方がいいでしょう。

毎日の仕事が忙しくて十分に引き継ぎの時間が取れなく、退職までの時間を慌ただしく過ごすようになりかねません。

引き継ぎの漏れが万一あれば、転職した後でも対応を何かしらする必要があります。

会社としても忙しい時期は人手が必要になるため、相当しつこく引き止めされることもあります。

このような引き止めを断るのは大変であるし、強く断ればケンカ別れのようなイメージが残ってしまいます。

同僚に退職を話すタイミングとは?

ここでは、同僚に退職を話すタイミングについてご紹介します。

職場の事情に気配りして早めに伝える

スムーズに退職するためには、意思を表示するタイミングが大切です。

「退職希望日の2週間前」と法律上はなっていますが、職場の慣例や就業規則で「何ヶ月前に申し出る」と決まっているときは、それに従います。

一般的に、退職のタイミングが忙しい時期にならないように調整する、残務処理や引き継ぎのための期間を見込む、有給を消化したいときはその分早めに伝える、というようなことを考慮して、1ヶ月~3ヵ月前に伝えます。

しかし、職場によっては、もっと余裕を十分に取る必要もあります。

例えば、後任の人を見つけにくい地位や職種、あるいは急に従業員が退職することによって支障が出る規模が小さい事業所などが挙げられます。

このようなことを考慮しないで、「今月中に退職する」などというと、トラブルや引き止めの要因になります。

そのため、職場の状態を考慮して退職のタイミングを決定しましょう。

まず口頭で上長に伝える

伝える方法も大切です。

「退職します」などといきなり退職願を提出したり、人事部門など話を直接伝えたりするのはマナー違反です。

退職意思は、上長にまず相談するのが基本です。

上長に相談するときのコツは、自分の将来の志望や目標などからまず切り出して、転職をすでに決心したことをはっきりと伝えて、自分が希望するような退職時期をベースに退職日を具体的に調整することです。

基本的に、「自分の将来目標」とからめて退職理由を話すことが大切です。

このときに職場に対する不満をいうと、いろいろなトラブルが発生します。

同僚だけでなく、取引先などに退職を伝えるタイミングは、きちんと上長や会社と相談した後にしましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。