未経験でも正社員になれる!30代・40代でチャレンジしたい方が気を付けること【ライター/粕谷麻衣】




人生100年時代といわれる現代人は、人生の半分以上を社会人として過ごす方がほとんどです。

一般的には、将来を見据えて若手のうちにキャリアプランを立て、少しずつキャリアアップ・ステップアップを図ることが多いでしょう。

しかし、30代や40代など、比較的大人世代に至ってから「別の道に歩みたい」と考える方も少なくありません。

とはいえ、社会では「中堅」と呼ばれる世代でもあるため、そもそも30代・40代での転職は可能なのか、気になるところです。

そこで、今回は未経験の30代・40代でも異業種への転職は可能なのか、何に気を付けて転職活動にチャレンジしたらいいのか、などについて詳しく解説していきます。

30代・40代で未経験業界への転職は可能?

30代・40代で未経験業界に転職することは、結論からいうと厳しいのが現状です。とくに、40代はある程度特定の業界で経験を積んでいるケースが多く、一から新たな業界で学び始める事例は少数派といえます。

転職が活発な年代が、20代であることをふまえると、30代・40代の転職希望者のライバルは今後の成長を期待できる「若い世代」となってしまいます。採用担当者としても、伸びしろのある若手を採用したいといった心理が働くため、30代や40代は転職市場ではやや不利となってしまうのです。

とはいえ、30代・40代の強みは、「社会人経験の長さ」「これまでのキャリア」です。仮に、希望する職種が未経験であっても、これまで身を置いてきた会社での経験や実績などによっては、優先して採用を検討してもらえるでしょう。

決して簡単な道のりではないものの、自分の能力や経験次第で満足できる転職を実現できるといえるのです。

30代・40代の未経験で正社員にチャレンジするときに気を付けるべきこと

30代・40代で未経験の職種にチャレンジする場合、いくつか気を付けたいポイントがあります。具体的に、何に気を付けて転職活動をすればいいのか、以下から見ていきましょう。

企業が求める人物像と共通点を見つける

30代・40代で未経験の仕事にチャレンジしたい場合、まずはそもそも応募先企業がどのような人材を求めているのかをイメージし、その人材と自分の共通点を見つけましょう。

求人を出す企業の多くは「誰でもいいから人手が欲しい」と考えているわけではありません。求めている人物像があり、その人物像に近い人材を採用したいと考えています。

そのため、30代・40代で未経験の職種にチャレンジするのであれば、企業側から「求めている人物像に近い」と判断してもらう必要があります。求人情報の内容はもちろんのこと、企業のコーポレートサイトなどもチェックし、どのような人材が活躍しているのか、どのような理念を持って働いているのかなどを理解し、自分のイメージをそれに近づけていけるようにしましょう。

キャリアコンサルタント・カウンセラーに相談して自己理解を深める

30代・40代で転職するのであれば、キャリアコンサルタントやキャリアカウンセラーなどに相談し、自己理解を深めましょう。

転職はそもそも自分の強みは何かを理解したうえで臨むことが大切です。とくに、30代・40代は、ライバルが20代といった伸びしろのある世代になるため、より強みを具体的に理解し、適切にアピールできるようにならなければなりません。

とはいえ、自分の強みはなかなか一人では気が付きにくいものです。「何が得意なのか」「自分の誇れることは何か」など、いざ想像してみても思いつく方は少ないでしょう。

キャリアコンサルタントやキャリアカウンセラーは、自己理解を促すための技術・知識を持ったプロであるため、サポートを受けることで転職活動に向けて必要な自分の価値を集めることにつながります。

自分の武器がいまいち想像できない……と悩んでいる方は、ぜひキャリアの専門家に相談をしてみましょう。

自分が企業に対してどう貢献できるかを考える

30代・40代が転職に臨むにあたって考えたいのが「自分が企業に対してどう貢献できるか」です。これまでの経験や実績を加味し、応募先でどのように立ち回ることができそうか、どのような領域で活躍できそうか、などを明確にイメージする必要があります。

応募書類や面接での自己PRの場面では、とくに「どう貢献できるか」のアピールが重要視されます。20代の若手とは異なり、30代・40代は教育を前提として採用するケースは少ないため、採用担当者には、入社後の活躍をメインにイメージしてもらう必要があります。

前職での活躍、対応した業務の規模、対応した期間、自分が貢献したことで得られた企業のメリットなど、過去の活躍をしっかりと思い出してみましょう。箇条書きでもいいので、一度紙に書き出してみると、過去の実績などが出てきやすくなるのでおすすめです。

「業界」は知見・経験のある領域を選ぶ

30代・40代が転職する際、気を付けたいのが業界選びです。職種は未経験であっても、業界まで未経験となってしまうと、企業としては採用に躊躇してしまいます。

職種も業界も未経験では、一から教育をしなければならず、企業としては時間と費用のコストが圧迫されてしまいます。定年まで猶予のある20代と比べると、やはり30代・40代の教育に力を入れることは得策ではないと考える採用担当者は多いです。

そのため、職種は未経験を選んだとしても、業界は知見もしくは経験のある領域を中心に選ぶとやや有利に転職活動を進めやすくなるでしょう。

未経験OKの求人をチェックする

30代・40代で未経験の仕事にチャレンジする際、求人情報をチェックするときに「未経験OK」の記載がある求人がないかをチェックしましょう。

必ずしも全ての求人で未経験OKとして募っているわけではないものの、企業の考え方や業務内容、現場の人手不足の深刻さなどさまざまな事情から経験者・未経験者それぞれを募っていることが少なくありません。

チャンスがあれば、希望職種が年齢不問で未経験者も募集している可能性があるため、こまめに情報収集をしておきましょう。

まとめ

本ページでは、30代・40代で未経験の職種へチャレンジしたいと考えている方へ向けて、「30代・40代の未経験職種への転職の難しさ」「気を付けたいポイント」についてご紹介しました。

30代・40代が未経験で転職する場合、20代と比べるとやや難易度が高いのは事実です。しかし、これまでの経験・実績によっては転職できるチャンスは十分ありますし、気を付けたいポイントをおさえておくことで、採用される可能性もぐっと高まります。

いろいろな経験を経て「やっぱり別の職種にチャレンジしたい」と考えることは決して悪いことではありません。定年までの人生をより自分らしいキャリアライフにするためにも、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしながら、自分の納得できる転職先を探してみてください。

粕谷麻衣

ライター・キャリアコンサルタント。「子育てと仕事を両立したい」「自分らしく働きたい」「自分の好きなことを仕事にしたい」など、今どきの働き方にフォーカスした情報を発信。取材やインタビューを通して、リアルな声を追求していくことが好き。
自身は一児の子どもを持つシングルマザー。ワーキングマザーとしての人生を楽しく謳歌中。






RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
  働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。