キャリアチェンジ、面接官にウケる理由で面接を攻略しよう!

キャリアチェンジ 面接

キャリアチェンジを成功させる!二大面接攻略法

新しいキャリアへの明確な理解があることを示す

「経験のある今と同じ仕事を続けたほうがよいのでは?」と質問をする本当の理由は、決して「来るな」という意味ではありません。業種が全く違うがゆえに、憧れや希望的観測だけで応募してきたのではないか、職種が違うがゆえに、希望している職種について本当に理解があるのか、しっかり聞き出そうとしているためなのです。
それに対して回答するにあたり、抑えるポイントはたった2つだけ。
「業種に以前から興味関心があり、すでに勉強している」のを伝えることと、「今までの経験があるからこそ、この職業でも生かせると思った」と伝えることで、キャリアへの理解を示すことができます。
もちろん、この二つを伝えるにあたり、突っ込まれた場合に漠然とした回答しかできないと全く効果がないばかりか逆効果です。
事前にしっかりと面接先の研究をし、業務内容等を理解して、質問には柔軟に回答できるようにしておきましょう。

スキル・経験が生かせ、即戦力になることをアピール

新卒の採用と違い、中途採用ではとにかく「即戦力」になれる人材が求められています。仮に未経験OKと書いてあったとしても、経験者がいれば、当然、経験者が有利なのは明白ですよね。何と言っても、育て上げる時間と手間がかからないのですから。
そういった中で、未経験者が面接を突破するには、「あなたのメリット」を企業に見てもらわなければなりません。
そのメリットとは、これまでにあなたが獲得したスキルや知識です。今まで培ってきた経験から、別の業種になったとしても使えるものは必ずあるはずです。例えば「営業で培ってきたコミュニケーション能力」は、「総務で様々な部署と物事の調整をする仕事」に生かすことができます。このように、今までのスキルや経験を応用すれば面接で役に立つものがあれば、それをしっかりとアピールすることで、熱意に裏打ちされた経験として認めてくれるでしょう。

まとめ

未経験で異業種に応募した場合、面接官からは厳しい質問が飛んでくることが予想されます。それでも書類をパスしたということは、応募先はどこかに「あなたに会いたい理由」があったはず。それを逃さず、意欲や熱意を、しっかりした理論と一緒にアピールし、足りない部分を補うための努力が伝われば、「どうしても入社したい」という本気度も伝わるはずです!

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。