結婚……女性の転職面接で聞かれるデリケートな質問にはどう対応すべき?

面接/結婚




結婚の予定を聞く面接官の本当の意図とは?

よりよい人材ほど長く勤めてもらいたい

企業は面接をします。たくさんの人間の中から、より良い人に長く勤めてもらうために、たとえば結婚してすぐにやめてしまったり、妊娠してお休みしてしまうようなことがあっては困るというのが現状です。必ずしもあなたのプライベートを詮索したいという訳ではないことは理解しておきましょう。

男性でも聞かれることがあるのはなぜ?

そして、男性に結婚について聞く背景には、会社には“雇用者の生活を守る”という視点もあるのです。やはり男性として、夫として、生活を守る立場であれば、それなりの人生設計を持っているもの。その後のキャリアプランを考えるため、候補者の人生設計を聞くことは面接では当然のことなのかもしれません。

「結婚予定はありますか?」にどう答える?

大切なのは嘘をつかないこと!

なにより大切なことは“正直に答えること”。面接ですべてを正直に述べる必要はないと思いますが、やはり直近にそういう予定があるのに隠しておくというのは、入社してからやりにくくなると思います。すぐに予定がない場合は「今の所予定はないですが、いずれ結婚をしてもそのまま働きたい」ということを伝えることが大切です。

結婚を伝えるには、どんな伝え方がいいの?

ポイントを押さえて面接で企業側に伝えることができれば、たとえその予定があっても面接に成功する可能性も!

  • 将来結婚しても仕事を続けたい意思を伝える。
  • 結婚はするが、生活に変化がないことを伝える。
  • 結婚相手やその家族も仕事を続けることに理解を示していることを伝える。
  • 出産予定はまだ先で、まずは仕事を覚え会社に貢献したい気持ちを伝える。

なにより、結婚が就職に不利にならないという事を伝えるのが一番大切!

まとめ

この質問、実は結婚しても、会社で長く働きたい!という前向きな気持ちを企業側に伝えるチャンスでもあります。結婚した後の体制を知ることもできるポイントのひとつ!
結婚するにしろしないにしろ、その質問についてはしっかり事実を伝えてチャンスをつかみましょう!






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。