社内恋愛で片思いしている同期の彼と近づく3つの方法

同期

学生時代、同じ学校に通う同級生を好きになる。恋をする。とても自然なことですよね。それと同じように、社内の同期に恋をすることは、実は自然なことなのかもしれません。

社内恋愛には危険もつきもの?!やりすぎはNG

学生時代の恋と社会人になってからの恋には大きな違いがあります。会社に行くというのは、仕事をして給料をいただくこと。学生の時のような一種の自由さはないので、恋愛で仕事に差し支えると困ります。
ですので、男性女性問わず社内恋愛に警戒する人ももちろんいます。ですが、やはり社内での出会いが圧倒的に多く、そこから発展しやすいのは事実です。

それでも好き!同期の彼と社内恋愛するには?

共通の話題を共有しやすい強み

やはり同期は同じ立場だからこそ、上司や先輩と違って会話が弾むことも多いはず。他愛のない会話や、くだけた話題ができるのも、同期という関係の強みではないでしょうか。仕事の辛いことなどを打ち開けあっている内に、どこからか心の距離も縮まるものです。
彼から仕事やプライベートな相談も打ち明けてくれるようになると、それは恋愛のきっかけにつながるかも! 同期と言う関係を生かし、会話では「共感」を意識しましょう。

立場が同じだからこそ距離が縮められる!

単純に仲の良い友達と一緒に仕事ができることは、それだけで、仕事をするにあたって、やっぱり少なからず楽しみを貰えますよね!
そのような関係を彼と築くためには、「一緒にいることで楽しい」と思わせることが大切です。
社内ではあまり頻繁に接触しないのがポイント。ただしその分、プライベートでは、彼とはしっかり連絡を取り合って、些細なことでも人となりを感じてもらうことで距離を縮めやすくなります。距離が縮まると、それだけで恋愛に繋がる可能性が高くなります!

距離が近いからこそ嫉妬させやすい

社内恋愛で気をつけるべきことは、どんな関係でも言えることですが、嫉妬してしまうこと。
ただ、適度な嫉妬は恋愛感情に火をつけます。同僚の男性と仲良く会話をしているだけで、恋愛感情を持っていると、どことなく複雑な感情に……。それがきっかけで、彼があなたへの恋愛感情を実感してくれるかも?
もちろん、絶対にやりすぎはNGですよ。社内で同僚に迷惑をかけることは絶対にやってはいけません。やりすぎはケンカにもつながり、関係が悪くなることもありますから、あくまで「適度」に!

同期だからこそ仕事とプライベートはしっかりと分けて

やはり、同期という関係だけに、仕事とプライベートを混同させがち。 仲良くなったら、なるべく外で会ったり、ラインで連絡を取り合うなどして、会社の中では、なるべく仕事と割り切ることが成功の秘訣です!
あなたが素敵な恋愛ができること、祈っています♡



同期