「部下が自ら動いてくれない!」と思っているうちは、上司が努力不足です【ライター/トイアンナ】

動かない部下

こんにちは、トイアンナです。私もアラサーど真ん中。そろそろ周囲に「初の部下」を持つ女子が増えてまいりました。そこでお伺いする相談が「部下が受動的すぎる!」というものです。もともと起業していたり、外資でマネジメント経験をやったりした身。その気持ち、痛いほどわかる……っていうか物理的に痛いです。

 

しかし、あえて心を鬼にして申し上げます。部下が積極的に動けないのは「自分の努力が不足しているから」だと。

 

  • 社員は自ら動こうとして、叱られた経験を持っている

まず、前提として「どんなにやる気のない部下でも、自ら動こうとするもの」です。なぜなら仕事なんかどうでもいい、一刻も早く家へ帰りたい人材にだって「早く帰るために業務を効率化する」モチベーションが湧くからです。

 

しかし往々にして、部下は「積極的に動いたら叱られた」経験を持つものです。たとえば、こんな叱り文句に見覚えはないでしょうか?

「何で言った通りにできないの?」

「お金をもらってるんだから、積極的に動くのが当たり前でしょ」

「余計なことしてる暇があるならミスを無くしてよ」

「なんでこんなことしようと思ったの? もういい、この仕事は私がやります」

少なくともあなたは、近しい発言を「自分が若手のとき」聞いたり、見たりしてきたのではないでしょうか。そしてこの手の上司が「最近の部下はやる気がない」というたびに、イラっとしてきたと思います。なぜならそのとき、部下を受け身にさせていたのはほかでもない上司だったはずだからです。

 

  • 部下のやる気スイッチを見つけ、押してあげよう

おそらく、今は受け身になっている部下も何らかのきっかけで「余計なことをしても怒られるだけ」と委縮してしまっているはずです。そういう部下へ「もっと積極的に動け」と命令しても、何も変わりません。

 

まずは一度「部下のやる気スイッチがどこで入るか」を観察してみましょう。特に多いのが「金をもらっているなら積極的に動くのは当たり前」と考える上司と「人から褒められたら、動こうと思える」部下の対立です。こういう部下へいくら叱咤しても始まりません。まずは日頃から「いつもありがとう」「●●さんがいてくれて助かる」「やっぱりこの仕事を頼むなら●●さんだわ」と承認しましょう。

 

「そんなのヤダ」と思っているうちは、それこそまだまだ努力不足。部下を「喜んで身を粉にして働く人材」にするために言葉しかいらないなら、むしろ賃金アップより安上がりじゃありませんか。まずは口角を上げて、笑顔でほめるところから始めましょう。

トイアンナ

トイアンナ

ライター。新卒で外資系企業に勤めて以来、数百名の消費者ヒアリングを重ねました。その経験から恋愛・キャリアを主なテーマに執筆しています。

ブログ:http://toianna.hatenablog.com/

Twitter:https://twitter.com/10anj10



動かない部下