「私らしい」仕事を探すより、目の前の仕事を私らしくしよう。【ライター/トイアンナ】

私らしく

こんにちは、トイアンナです。「私らしい仕事をしたい」という言葉を聞くと、もぎたてのオレンジが弾けるようなみずみずしさを覚えます。えー、この記事を書いているわたくしは〆切と戦う深夜のライター。

一見、「私らしい仕事」の代表格ではありますが、もともと文章を書くのが得意だったのと、得意先の恩情に助けられ生きています。「好き」というよりは「できる」ことに特化したのです。と言っても不満があるのではありません。もともと仕事なら何でも好きというワーカホリック。どんな仕事でもうれしい、楽しい、大好きと、職種にこだわりがないんです。

何が嫌だったか、はっきりさせよう

逆に「私らしい仕事をしたい」と考える方は、業務に好き嫌いがある……というか、正直今の仕事が嫌いなんじゃないでしょうか。そりゃあしんどいでしょう。正社員なら1日8時間も嫌いなことをやらなきゃいけないんですから。40年働くなら、13年も「嫌いなこと」をするはめになる見込みです。

ただし、転職する前に「何が嫌いだったか」をハッキリさせるといいんじゃないかと思います。上司がヤな奴だった。オーケー、何がどう嫌だったか転職サイトの口コミにでも書いてやりましょう。名前は伏せてね。福利厚生が欲しかった? 裁量権少なすぎた? とにもかくにも、自分に何が欲しいかを明確にできれば次の職場探しがすぐ始められます。

「私らしい仕事」を求める旅人にならないで

逆に前職で「何が嫌だったか」を日の目にさらさなければ、次の職場でも欠点が目に付くんじゃないでしょうか。

ある女性が「激務は嫌だ!私らしく働けるワーク・ライフ・バランスが欲しい」と転職しました。そして1年後、今度は「私はワクワクできる仕事をしたい、今の職場は退屈」と去っていったのです。ワクワクする仕事の多くは激務ですから、この女性はどちらでも満足できません。「ワーク・ライフ・バランス」と「ワクワクする」キャリアを永遠に反復横跳びすることとなります。

「今の職場が●●だから、もっと私らしく働けるところへ!」と羽ばたく前に「何が私にとって幸せな職場環境なのか?」を決めなければ、転職先でしんどい思いをします。転職するならまずは「何が嫌だったのか」を明確にしましょう。

そして……。もしかすると転職すらしなくとも「私らしい」働き方は達成できるかもしれません。仕事から嫌いな要素を減らせば、転職せずとも「私らしい仕事」をやりやすくなるはず。「嫌いなのは上司だから無理」などと思い込まないでください。法律を順守しつつ上司を除ける方法だって、考えてみましょうよ。

トイアンナ

トイアンナ

ライター。新卒で外資系企業に勤めて以来、数百名の消費者ヒアリングを重ねました。その経験から恋愛・キャリアを主なテーマに執筆しています。

ブログ:http://toianna.hatenablog.com/

Twitter:https://twitter.com/10anj10



私らしく