セカンドキャリアからパラレルキャリアへ プロフットサル選手・星さんのスポーツへ対する熱い思い【株式会社エードット/星翔太さん】

星翔太

2012 FIFAフットサルワールドカップ日本代表メンバーで、スペイン1部リーグにも所属した経験がある星翔太さん。
現在は、プロフットサル選手として活躍されながら、プロデュースカンパニー「株式会社エードット」にも所属し、パラレルキャリアの道を歩まれています。
そんな星さんに、スポーツに対する思いや会社員としての苦労、若い読者へのメッセージなどを伺いました。

ポイントは……

  • 31歳、何も分からない
  • あったかい声がけ
  • 一歩踏み出せばそれは成長だ!

スポーツに対する漠然とした思い

フットサルでは日本代表にも選ばれ、順調に選手生活を送っていながらも、「もっとスポーツを通して面白いことをやりたい」、という漠然とした思いがありました。

ただ、なかなか行動に起こせないままでいたなか、今の会社『エードット』の伊達社長と共通の知り合いを介してお会いする機会があり、率直に「社会人としても必要なことを学びたい」という話をしました。すると社長が「うちでどう?」と返事を下さって。

思い切って、プロフットサル選手でいながら、会社員人生の道に飛び込むことにしました。

名刺には書けないプレイヤーとしてのキャリア

星翔太

30歳で入社した直後は、名刺の渡し方など基本的なことがまるで分かっていなかったので、苦労が多かったですね。電話の掛け方、資料の作り方、ワードやエクセル、パワーポイントなど、知らないことばかりでした。
フットサルでのスポンサーさまであれば、選手という部分にリスペクトを強く持ってくださっているので、そこに価値を見出してくれます。しかし、社会に出れば、僕のプレイヤーとしてのキャリアは名刺に書いてあるわけではないです。
仕事で様々な人に会うたびに、会社の名前を背負って働く為には「ものを知らないといけない」という重みを感じました。

若いエネルギーに支えられ

『エードット』は若い方が多くエネルギーに溢れているので、周りの皆さんが全力でサポートしてくれました。
また、僕はインターンという入り口であったので、30歳で何も知らない自分に対して、学生のような感覚で受け入れてくれたのかなとも思います。
社員の方の声がけが温かくて、僕の質問に対しても真摯に返してくれました。例えば電話掛けの時、欠点を指摘するのではなく、「もう少し声を高くしてもいいよね」と、どうすれば良いのか、やり方を促すような声掛けをしてくださり、とても助けになりました。

アスリートと社会を繋げるために

星翔太

スポーツ選手のビジネスへの関わり方は色々スタイルがありますが、セカンドキャリア(※選手引退後の仕事)の他に、最近はパラレルキャリア、デュアルキャリアという考え方があります。選手というキャリアの他に、社会人としてのキャリアも同時に持ち、一つの人生を歩む中に、選手として、社会人として、人としての目線があっていいと思っています。

教員やコーチという指導者以外にも、会社員という形もあっていいと思っています。ただ、その為には、スポーツ界全体に、スポーツ選手が企業の中で働くビジネススキルが足りない、という事実も同時に伝えなければならないとも考えています。

今後、スポーツ選手が引退するタイミングでキャリアをスムーズに移せる形を作っていきたいですね。
また、スポーツを通して一般の方へイベントやレッスンなど、体験の機会を作りたいので、そういったものを発信するWEBサイトを作ろうと思っています。
うまくアスリートのアウトプットを増やしていきながら、社会と繋がっていく形を目指しています。

さらに一歩を踏み出す勇気

星翔太

自分から読者へアドバイスができるとしたら、「好奇心をもって主体的に取り込んでいってください」ということですね。積極的にアンテナを張るだけでなく、さらに一歩踏み出すことが、ものすごく大切です。
31歳の僕自身、やりたい事に対して思いを持って行動するまで2、3年かかってしまいました。時間は無限にあるわけではありませんので、悩んだままでもいいから、一歩踏み出していってください。
一歩踏み出すことで、すでに成功だと思います。失敗してもその経験を得られたことが学びとなって、修正し、さらに前へ進んでいくことが出来るはずです。

〈プロフィール〉
星翔太
「バルドラール浦安フットボールサラ」所属のプロフットサル選手。2010年スペイン1部リーグ・UDグアダラハラFSへ入団。2012FIFAフットサルワールドカップ日本代表メンバー。2014年〜2016年フットサル日本代表キャプテン。
株式会社エードット(https://www.a-dot.co.jp/)に所属。
趣味は、スペインのプロリーグ所属時代に勉強がてら聴いていたというスペイン音楽。

星翔太


星翔太