料理研究の道を志したのは、なんと飛行機の中…!?【料理研究家・フードコーディネーター/河瀬璃菜(りな助)さん】

河瀬璃菜

料理研究家・フードコーディネーターとして、レシピ・商品の開発、企画や執筆、イベントメディア出演など、マルチに活躍されている“りな助”こと、河瀬璃菜さん。料理の楽しさや奥深さ、そして仕事への考え方を等身大で語っていただきました!

ポイントは……

  • 慢心注意!
  • ひとつずつ、丁寧に
  • やってみて発見♪

思ったらすぐに行動がモットー

河瀬璃菜

実は、大学生のときは料理とは無縁の心理学を専攻していました。そして22歳で上京し、食の仕事とは全く関係ない仕事をしていたのです。なんとなく社会に出て、なんとなく仕事をしていた、と言ったような感じですね(苦笑)

「このままでいいのかなあ」と心の中がもやもやしたような、そんな気持ちがずっと消えませんでした。そんなとき、飛行機の中で、突然、「食の仕事をしよう!」って何故か思い立ったんです(笑) 決めたら「えいっ!」と即行動するタイプなので、気がついたらスマホで『フードコーディネーター 学校』で検索をして、トップに出てきた学校に次の日には、入学金を振り込んでいました(笑)今思えば、この暴挙とも言える行動が料理の道に進む大きな第一歩だったなって思います。

なんでもやってみないと分からない!

河瀬璃菜

もしあの飛行機の中で、食の仕事をすることを思い立っていなかったら、今のわたしはないと思います。自分に制限をかけるのではなくて、気になることはやってみる。なにごともやってみないと、その先に何があるかも自分に向いているかなんて分からないですよね。そういったこともあり、今でも自分のふとした気持ちとか何気ない直感を、大切にするべきだと感じています。

いつでも謙虚に生きていく

料理の世界に限らずですが、なにごとも“すこし慣れてきた”頃が要注意時期だと思っています。慣れたと思うと、つい調子に乗りがちですよね…(笑)

自分の経験上、慢心ってほんとによくないです。実際は表面上でしか、理解していないのに理解しているふりをしてしまうことで、自分が学ぶべきこと・見るべき部分から目をそらしてしまうことが多々あります。だからこそ、いただいたお仕事には一つずつ丁寧に、誠実に向き合うようにいつも心がけています。

行動して、1つずつ積み重ねていく

河瀬璃菜

メディアに出るお仕事をいただくことも多いんですが、こう見えて昔は人前に出るのが苦手で、実は今でも得意ではないです。やっぱり恥ずかしいですし、なによりすごく緊張をしてしまうので……。ただ、場数を踏むことですごく成長できるんですよね。経験を積んで、自分の中の選択肢や幅を1つずつ増やしていくことが自分の未来を広げることだと思います。

これを話すと皆さん驚かれるんですが、一時期話題になっていた「オオグソクムシ」を食べたり、調理したりと、食に関することはなんでもやってきました。こういった、一見「えっ!?」と思うことでもやってみることで意外と新しい発見があります。

喜んでもらえるのが本当にうれしい

料理をするときに意識していることは、“誰かの役に立つかどうか”。おしゃれな食材を使う料理も、もちろん素敵ですが、日常生活でよく使う身近な食材を使ったレシピ考案を心がけています。普段は料理をしない方から、「簡単そうだったから作ってみたら、すごくおいしくできました!」と言ってもらえると本当にうれしいです。これからもこうやって、誰かが料理や生活を楽しめるきっかけをたくさんつくっていきたいと思っています!

河瀬璃菜
プロフィール

河瀬璃菜(りな助)

「ネットでバズるレシピ」や、「メディアに取り上げられやすい飲食店のメニューや商品の開発」を得意としている。著書には『ジャーではじめるDETOX WATER』『発酵いらずのちぎりパン』などがある。趣味は、料理とマンガ。最近はふるさと納税でゲットした食材を調理するホームパーティにハマっている。

Twitter:@Linasuke0508 https://twitter.com/linasuke0508

lineblog:https://lineblog.me/linakawase/



河瀬璃菜