知っているようで知らない! 指輪を薬指にする理由は?

指輪を薬指にする理由

婚約指輪や結婚指輪を「左手の薬指」にすることは広く知られていることですが、その理由まで知っている人は少ないのではないでしょうか。実は古代ギリシャの時代までさかのぼると、左手の薬指に婚約指輪や結婚指輪をはめることについての言い伝えがあるようです。今回は、その理由を見てみることにしましょう。

指にはそれぞれ、意味あいがある

指にはそれぞれ意味があるようです。例えば、親指は意志や信念を意味し、中指は直感やインスピレーションに関係しているといわれています。左手の薬指はというと、「愛する人との愛情や絆を深める」意味があるといわれています。ここにリングをはめることで、お守りや願掛けのような意味を成し、愛する人とつながっていられるのです。このことも、左手の薬指に婚約指輪や結婚指輪をはめる由縁といえそうです。よく、運命の相手とは、小指から伸びる目に見えない赤い糸でつながっているといわれるように、小指にリングをはめると、恋の出逢いを叶えてくれると言われてもいます。

なぜ左手の薬指に指輪をはめるの?

左手の薬指に婚約指輪や結婚指輪をはめる理由としては、さまざまな説がありますが、なかでも古代ギリシャ時代の伝説はとても興味深く、しかもロマンチック!

もともと、現代の日本にも、心臓は「ハート・愛」を意味するという概念は広く普及していますが、古代ギリシャ時代にはすでにそのような考え方が根付いていたよう。そして実際に、左手の薬指には皮膚の下に太い血管が通っており、心臓とつながっていると思われていたそうです。それだけ左手の薬指は重要な意味がありました。
そのため、愛し合う者同士が互いに左手の薬指に「永遠・輪廻」を意味する輪をはめることで、永遠に相手の心とつながるという意味合いが生まれたといわれています。

生涯一緒になることを誓った男女が、婚約指輪や結婚指輪を左手の薬指にはめるのは、このような言い伝えが元になっているという説が根強いようです。

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けのしかた

これはちょっと余談ですが、婚約指輪と結婚指輪の正しいつけ方もあります。
結婚指輪は内側に、婚約指輪は外側にはめて、常にふたつ一緒 に身に着けるのが一般的。それは指輪を交換する際に、一度婚約指輪をはずして結婚指輪をはめ、その結婚指輪を婚約指輪で「永遠の愛の証」としてロックするためです。永遠の愛の証なんて、とってもロマンチックですよね。

まとめ

彼女の左手の薬指に、自分の贈った美しい婚約指輪がおさまると、なんとなく安心感があります。それは、彼女がどこへ行っても、周りの人に婚約していることをアピールできるから、というだけでなく、「彼女のハートが、薬指を通して自分があげた指輪とつながっている」という安心感もあるからかもしれませんね!



指輪を薬指にする理由