稼げる?!コールセンターってどんな仕事内容?

コールセンター

時給が高く、電話応対のスキルも身につくという、人気のコールセンターの仕事。ですが、よく聞くのは「つらい」「しんどい」など、大変な噂じゃありませんか?
実はコールセンターのお仕事といっても、実はいくつかの種類があるんです。
今回は、そんなコールセンターの仕事についてご紹介します!

コールセンターのキホンの仕事内容!

コールセンターには2種類のお仕事がある

コールセンターには大きく分けて、お客さまからの電話を受ける(インバウンド)と、お客さまに電話をかける(アウトバウンド)があります。
どちらも“企業の顔”として、お客さまと対話する仕事です!

発信業務(アウトバウンド)

オペレーターの側から個人や企業に電話をする仕事です。いわゆる電話営業、テレアポなどと言われます。

受信業務(インバウンド)

こちらは電話を受ける仕事です。マニュアルに沿って受け答えを行ったり、クレーム対応をしたり。だいたいは応対記録をパソコンに入力します。

コールセンターの仕事に必要なスキルとは?

何と言っても応対マナー!

まず必要なのは言葉遣いや敬語の使い方を含めた応対マナーです。やはり、コールセンターでは声だけでお客様に対応しなくてはならないので、丁寧な言葉遣いや敬語の習得は必須。はっきりした口調で答えることも大切です。
事前に研修が受けられ、マニュアルも用意されている場合もありますから、それに沿った方針で対応しましょう。

話すだけじゃない!ヒアリング能力も大事

コールセンター業務では、相手の言葉を正確に聞き取らなければなりません。住所や氏名など、情報が間違っていると、商品が届かなかったり、そこまでいかずとも、届ける相手の漢字や名前を間違えていたら失礼です。

どんなスキルが身につくの?

コールセンター業務は、事務の中でもかなりハードな仕事ですが、キャリアを積んでいけば、オペレーターの教育や管理を行うスーパーバイザーへキャリアアップすることもできる超実力主義の社会!仕事を通じて、トークスキル、コミュニケーションスキルが身につき、PC作業も多いので、PCスキルも身に着けることができます。

まとめ

コールセンターの仕事は女性が活躍しており、未経験からでも始められ、スキルを身につければ長く続けられる仕事でもあります。
話すのが好きな人、相手の立場に立って考えることが得意な人であれば向いているはず!ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コールセンター