カフェで働きたいなら、面接官受けバッチリな志望動機で戦おう!

カフェ志望動機

カフェは男女問わず人気の高い就職先。それゆえ競争率も高いのが難点とも言えます。そんな中で、あなたが希望のカフェに就職するカギになるのが、「志望動機」です。

そこで今回は、たくさんの志望者の中で面接官に良い印象を与え、憧れのカフェ勤務合格を勝ち取るための志望動機について紹介します!

経験者はこうアピールする!面接官を安心させよう

カフェで働くにあたり、やはり一つのアドバンテージとなるのが、「経験者」であるということです。カフェ勤務の経験者でなくても構いません。例えば飲食店の経験者であれば、「飲食店でアルバイトをしていて、やりがいを感じました。カフェの勤務でも、今まで培ってきた経験を生かしてお客様に心地いい時間を提供できるようにしたいと思い、志望いたしました。」など、今まで経験してきたことをしっかり志望動機に盛り込んでください。

面接官に好印象を与えるには、やはり「安心感」が一番です。

あなたを採用したら、この会社にとってどれくらいメリットがあるか、どれくらい貢献できるのかを図れるため、全く何もしたことがないという人よりは、一度でも経験をしたことがある人の方が印象はいいはずです。

未経験者はこうアピールする!接客業への適性を伝えよう

飲食店勤務が未経験だったとしても、志望動機の書きようはもちろんあります。

例えば、飲食店での経験はなくとも、接客業に就いていたら、「明るい性格で、だれとでもすぐに仲良くなることができます。接客業で培ってきた経験から、いつでも笑顔でいられるので、お客様に対していい印象を与えることができます」、事務職であれば、ルーティーン業務に慣れている人が多いため、「実際に喫茶店に勤めたことはありませんが、事務職として経験を積んできましたので、仕事を覚える早さに対しては自信があります。」など、長所にしてアピールできます。

今まであなたが経験してきた「すべてのこと」を、しっかり長所にして面接官に伝えることがポイントなのです。

カフェ志望動機