未経験から始める営業職! 知っておきたい営業の「いろは」

営業

「営業」というと、朝から晩まで外回りで大変そうなイメージがありますよね……。未経験で営業として働くことができるのか、不安を持ってしまう方もいるかと思います。
ですが、営業職は未経験者からでも積極的に人員募集をしている職種のひとつ。入社後にしっかりと仕事を覚えることができるので、未経験でも問題がないのです。
営業職とは一体どんな仕事なのか? どんな素質があればいいのか? 今回は、営業としての「いろは」を解説します。

「営業職」として行う仕事とは

そもそもの「営業」とは?

営業職とは一体どういう仕事なのでしょうか? やっぱり汗水流して働くサラリーマンのことなのでしょうか。
実は、「営業」といっても、さまざまな種類があるのです。
法人営業や個人営業、ルートセールスや新規営業、電話営業、訪問営業……どうですか? 実に多岐にわたっていますよね。ですが、どの仕事でも、「とある商材をお客様に紹介し販売する」ことには変わりがありません。

営業職の種類と仕事内容

営業は、大別すると 法人営業と個人営業に分類することができます。
法人営業は、いわゆる「会社」相手に営業を行うことを指します。
個人営業は、読んで字のごとく「個人」に対し、電話を掛けたりや個宅に訪問したりして、セールストークを行うことを指します。この二つの営業の中で、さらに細かく細分されていくのです。
細分された中で、ルートセールス・新規営業にも大きな違いがあります。
ルートセールスとは「すでに獲得しているお客様を回る」ことを言います。いわゆる既存顧客と呼ばれるお客様を回り、新たな契約を結ぶ。これがルートセールスになります。
新しいお客様を獲得するよりは簡単に見えますが、今現在の対応で満足しているお客様に、さらなる商品の紹介をすることになるので、対応力と段取り力がとても重要になります。
逆に、新規開拓の場合は、テレアポや紹介によって新しいお客様にアポイントを取って営業をします。いかに商材に興味を持ってもらうかが大きなポイントになってきます。

未経験から営業になるには?

営業に必要なスキルって?営業でどんなことができるの?

営業は、基本的には体が資本なのは変わりません。実際、外回りがない営業もありますが、やはり「OK」だけが出る世界ではありませんから、精神的にもしんどくなることもあるでしょうし、それを最初からイメージして敬遠されがちであることは事実でしょう。ですが、その分、成果を取れた時の達成感は本当にうれしいもの。

募集はたくさんある!とにかく求人を見てみる!

前述のように、営業は慢性的人手不足な傾向にあります。求人自体はたくさんありますが、しっかり見極めることがとても大切。常に募集しているような企業はブラックな可能性もあります。実際に面接に行き、会社の雰囲気を見ることは必須です!

まとめ

「営業」とは、商品売るための専門家! 未経験からでも、資格がなくても始めることができる仕事の一つです。好きな商材を、それを知らない人に紹介してすきになってもらうのが営業の醍醐味。営業職でしか味わえない達成感や、知らなかった世界を知ることができるのは大きな経験になるはずです!

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。