周囲が白い目で見てしまう、残念な上司の共通点3つ

残念な上司

そんな指導じゃ分からない!理解度を自分レベルに思ってしまう

部下に仕事を頼むとき、「これやっといてね」とぽいっと投げてしまう上司、いますよね。これもよく見る残念な上司です。どれだけ優秀な部下だとしても、やったことのない仕事はできません。簡単に説明しただけではわからないこともあります。結果、任された部下が困ってしまって仕事に失敗したり、他の人に聞く羽目になります。

そういった上司は、部下から信頼されず、残念な上司として白い目で見られてしまうのです。

まとめ

あなたの周りにも、こんな「残念な上司」がいるのではないでしょうか。そして、そんな思いを抱えているのはあなただけではないかもしれません。あなた以外にも、同じ職場の中には「あの人残念だな~」と思っている人がいるはずです。そんな人と協力し合って残念な上司に負けず、そしてあなたが上司になった時の反面教師としてください!

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。