まさか貴方も当てはまる?!仕事ができない人の特徴4つ

仕事ができない人

仕事には、出会いと別れがあります。その中には、「この人仕事できるなあ」というひとと、「この人仕事できねえなあ」という、2種類がいませんか。周囲の人に、「仕事できない人だなあ」なんて……思われたくないですよね。そこで今回は、「仕事ができない人」と思われてしまう特徴を5つ、ご紹介したいと思います。

そもそも仕事ができない人ってどんな人?

仕事ができない人とは、ズバリ「結果を出すことができない人」です。

これはすべての総称ですが、たとえば「一つの仕事任される」とき、「それを失敗する」と、「仕事ができない」と言われますよね。また、「この仕事を何時までにやっておいて」と言われて、「指定の時間までに終わらない」場合も、仕事ができないと言われます。この2つに共通しているのは、求められている「結果」を出せていないことなのです。

一度の過ちなら「次頑張れ」と言われるかもしれません。ですが、失敗から何も学ばず、また同じミスをする人も、いませんか? その人はいずれ、遅かれ早かれ「仕事ができない人」のレッテルを張られ、重要な仕事は任せてもらえなくなってしまいます。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。