これで褒め上手!褒める言葉をかけるコツと褒め言葉一覧

褒める言葉

誰しも、褒められたらうれしいものですよね。

ですが、あからさまなお世辞や、褒められても嬉しくないポイントを挙げられてしまったら、せっかくの褒め言葉も水の泡。

社会人として部下や上司を褒めるにも、付き合っている人や好きな人を褒めるにも、やはりそういった「褒める言葉」の見極めは必要になってきます。

そこで今回は「上手に人を褒めるための言葉」について、いろいろな側面からまとめてみました。

 

どうして褒める言葉を選ばないといけないの?

どうして褒める言葉を選ばないといけないの?

相手のためではなく自分のためになる

あなたにとって「他人を褒める言葉」というのはどんなイメージを持っていますか。

上司を持ち上げる言葉でしょうか?
部下を動かす言葉でしょうか?
恋人をあやす言葉でしょうか?

基本的には「相手を喜ばせるため」と思っている方が多いと思います。

ですが、褒める言葉というのは、相手だけではなく自分自身にもメリットがあるのです。

あなたが誰かを「本当の意味で」褒めようと思った時、きっと相手のいいところを探すはずです。

実は、人は、他人の悪いところを見つけるのは簡単でも、いいところを探すのは難しいもの。

良いところを探せると、あなたのことを他人が見るときも「この人はしっかり褒めてくれる」「この人はいいところを見付けてくれる」とポジティブな印象を持ってくれるのです。

だからこそ、適当な褒め言葉は逆効果

心からの褒め言葉が届くと本当にうれしいのと反比例して、うわべだけの褒め言葉というのは人に悪意を覚えさせます。

たとえば、仕事があまりうまくできなかった日に、「仕事がうまくいっていたね」とか、メイクの薄い日に「お化粧が上手だね」とか。

そこに悪意がなければ、聞いている人も分かります。「ああ、私のあの仕事ぶりを見てたのかな」とか「薄めのメイクが好きなのかな?」とか。

ですが、「褒めておけば喜ぶだろう」「何か適当に言っておこう」というような薄っぺらな感情も、相手には伝わるのです。

だからこそ、褒める言葉はしっかり選ばなくてはなりません。

【次のページの内容】
・褒め上手になるには「具体的」がキーワード
・【相手別】褒め言葉の一覧リスト

今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです!

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします!

詳細を見る

LINEで無料相談する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。