グロースハックの意味と使い方とは?収集・分析のポイントなどを解説




グロースハックの意味とは?

グロースの意味は、成長、あるいは仕組みということです。

グロースハックの意味は、成長を促進するための仕組みを作るということになります。

ビジネスシーンにおけるグロースハックというのは、主として集客するチャンスが多いネット業界でよく使われる言葉です。

IT業界ではブログやSNS、ウエブサイトを運営することによって儲けるため、ウエブサイトを訪れた人数によって儲けが大幅に違います。

そのため、サービスを続けて利用する人を多くして、しかも新しく利用する人と、従来から利用していた人の両方から続けて儲けられる仕組みを築くことが必要になります。

このことをグロースハックといって、この作業を行う人をグロースハッカーといいます。

グロースハックの使い方とは?

グロースハックは、ネット上でいろいろなユーザーについてのデータによって、マーケティングの課題を解決する方法になるため、専門にマーケティングの分析や調査を行うITコンサル企業が使うようになります。

ここでは、グロースハックを使った例文についてご紹介します。

「グロースハックは、PDCAを回しながら、公式サイトの内容を分析してサービスの進化や向上を図ることです。」

利用する人から入手したサービスや商品についてのデータを分析、改善してマーケティングの課題を解決する方法がグロースハックです。

「グロースハックでは、マーケットの需要に合ったサービスの構築、口コミでのデータ分析・情報伝播からのPDCAサイクルが運用されるようになります。」

グロースハックは、この例文以外にも広告収入に頼らない運営の仕組みを作ることも行われますが、グロースハックはSNSなどのネットサービスの成長を促進したと考えられています。

グロースハックの類義語とは?

ここでは、グロースハックの類義語についてご紹介します。

マーケティング

マーケティングの意味は、グロースハックと同じようなものです。

しかし、マーケティングは一般的にアクセス解析や広告の出稿を行うことで、グロースハックはより踏み込んで、サービスそのものの仕組みの実現まで含まれます。

マーケット分析

マーケット分析もグロースハックの類義語ですが、マーケット分析もマーケットの実態や動きを分析することであるため、マーケティングと同じ意味になります。

データをグロースハックで収集・分析するポイントとは?

データをグロースハックで収集する第一のポイントは、どのようなデータが欲しいかをはっきりさせることです。

例えば、ユーザーがリピートする割合が小さいときは、可能な限りユーザーの職業別のリピート率、年齢別のリピート率などのデータを収集する必要があります。

ファネル分析とコホート分析が、ユーザーの行動を分析するときは役に立ちます。

フェイスブックのグロースハックにいずれも使われており、非常に成果があったことで有名です。

ファネル分析というのは、ユーザーを獲得することから儲けることまでの流れにおいて問題がどこにあるかを調べるものです。

ファネル分析を行うことによって、ウエブサイトをユーザーが訪れてからコンバージョンするまでに、離脱するのはどこか、ウエブサイトの問題点を見える化することができます。

一方、コホート分析というのは、一定の属性や条件によってユーザーをグループにわけて、時間が経つにつれて、どのような行動の変化がグループごとにあるかを調べるものです。

グロースハックで使う分析ツールとは?

グロースハックを行うためには、Googleアナリティクスというデータ分析のツールが必要になります。

Googleアナリティクスには、最もグロースハックで大切であるといわれているA/Bテストという機能が標準的に完備されているため、タグを対象になるウエブサイトのページに埋め込むことによって詳しい分析とA/Bテストの実施を行うことができます。

簡単にコホート分析を行うことができます。

また、「Mixpanel」という解析ツールも、よくグロースハックでは使われます。

一般的なウエブサイトのアクセス解析にはGoogleアナリティクスが使われますが、「Mixpanel」は詳しいユーザーの行動を分析するときに使われます。

簡単にファネル分析を行うことができます。

グロースハックがどうして着目されるようになったか?

ここでは、グロースハックが着目されるようになった理由についてご紹介します。

この理由は非常に簡単なものです。

グロースハックが着目されるようになったのは、ウエブ業界、IT業界のサービスが短いライフサイクルになってきたためです。

サービスや商品には廃りや流行りがあり、ライフサイクルが人のようにあります。

そして、サービスや商品のライフサイクルに応じて、企業が採用すべきサービスや商品のバリュープロポジションやキャンペーン内容、マーケットでのポジショニングと採用すべき戦略が変わってきます。

なお、サービスや商品のライフサイクルについては、ネットなどで紹介されているため参考にしてください。

ウエブ業界、IT業界では短い期間でサービスを開発することができるので、参入するためのハードルが低くなっています。

そのため、新しいサービスが出てくるのが早くなります。

ユーザーは、どんどん新しいサービスに乗り換えていきます。

そのため、サービスは短い期間しか利用されなくなります。

特に顕著なのはBtoCのサービスです。

いかに短い期間でサービスが開発できるようになっても、サービスが飽きられたということでもすぐに自社で新しいものを開発できるということではありません。

企業は短い期間でサービスのユーザーを拡げて、ちょっとでも長い期間、ユーザーの多くに利用して欲しいと考えるようになります。

グロースハックは、ユーザーを短い期間で拡げたい、継続してサービスを成長させたいという要求に対応するものです。

グロースハックをするために大切なこととは?

ここでは、グロースハックをするために大切なことについてご紹介します。

グロースハックをするために大切なことは、ツールでなくて考え方です。

グロースハックは、間違いなくよりサービスを成長させるために必要な方法です。

フレームワークとして参考にすべきものもネットなどではいろいろ紹介されていますが、当然ですが、これをやると必ず改善するというようなものはありません。

重要視すべきこともサービスによっていろいろ違っているため、グロースハックをツールとして単純に考えないで、サービスを改善する考え方であると捉えることが必要です。

別の企業のケースを同じように模倣しないで、改善するための施策を仮説を持って行うようにしましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。