傾聴力の高さをアピールしたい!自己PRのコツは?

傾聴力, 自己PR

傾聴力という言葉を聞いたことがありますか?これは実は就活においても非常に役立つ能力なのです。
それでは一体傾聴力とはどのような力なのでしょうか。
また傾聴力を就活でうまく自己PRする方法についても、紹介していきます。

自己PRになるかも!傾聴力って何?

社会人になると、さまざまなシーンで他人とのコミュニケーションを上手に取ることが必要とされます。コミュニケーション能力が備わっていると、チーム営業や取引先との関係、接客販売などに役に立ち、会社の利益につながることも多いです。
コミュニケーション能力は、何も自分から話すことだけが大切ではありません。しっかりと他人の話を聞けることも非常に重要です。この、「相手の話を聞く力」のことを、傾聴力と呼びます。
傾聴力があれば、相手の意見や気持ちが知りたいときなどにスムーズに聞き出すこともできます。話し合いの際にも、みんなの考えを聞いてうまくまとめることもできるでしょう。職場での人間関係も円満で、後輩にも頼られ上司との関係もうまくいくのです。
こうした理由から、傾聴力があることは社会人としてとても大きな自己PRになると言えます。傾聴力に優れた人は、会社にとって欲しい人材であることが多いのです。

傾聴力がある人の特徴とは

傾聴力を持っているとコミュニケーション能力も高いと言えますが、それでは傾聴力がある人はどのような特徴があるのでしょうか。
第一に、他人が話しているとき柔らかい視線で相手の目を見て笑顔で話しを聞くことができます。優しい笑顔はまったく威圧的ではなく、「自分の話をじっくり聞いてくれている」」と相手の緊張をほぐし安心させる効果があるのです。
また傾聴力がある人は、みんなで話すときにジェスチャーや相槌が豊富で、表情も豊かでしょう。話を聞きながら良いタイミングで相槌を入れるので、相手も話しやすくなります。無表情ではなく、話し手と一緒になって時には笑い時には悲しんでくれるので、話すほうも気軽に本音を話せるでしょう。
そして、嘘の話や分かったふりもしません。分からないときには質問することで、相手のことをより理解しようとしている気持ちも伝わるはずです。理解しようとしてくれていることが分かるので、話し手も一生懸命に話します。
このようにして、さまざまなシーンで円滑なコミュニケーションが実現するのです。

傾聴力, 自己PR