最初に身に付けたいビジネスマナー!名刺交換のやり方と注意すべきポイント

名刺交換

名刺交換の基本的なポイント

名刺交換をする際には、ビジネスマナー・手順があります。これを頭の中に入れておかないと、社会人としてまだ一人前ではない、とみなされてしまいます。しかし、難しいことではありません。何度か練習をし、身につけることでスマートな名刺交換ができるようになります。

・名刺交換は、立って行う

企業に出向いた時など、応接間に通されて座っていたとしても名刺交換は立って行います。

・差し出すときは、目下の人から

「○○社○○部、○○と申します」と、はっきりと聞こえるように名乗り、名刺を差し出します。また、より低い位置から差し出すこともポイントです。

・相手の名前の読み方はすぐに確認

名刺を受取ったらそのまますぐに読み方を確認します。聞こえていたとしても、そして明らかに読み方を間違えないような名前でも「○○様ですね」と一度、はっきりと読み方を確認しましょう。二度目にお会いした時に名前を確認することは失礼にあたります。

名刺交換のやり方と手順

上記の基本的なポイントを押さえた上での、実践的な名刺交換の基本的な流れです。その場に応じて異なることはありますが、ビジネスマナーの基本さえ押さえておけば失礼にあたることはありません。

・一対一の場合

立ち上がり歩み寄ったら、会釈をしながら社名、部署名、氏名を述べ、名刺を差し出します。その際、相手が読みやすいように名刺の向きを変えることを忘れずに。

名刺交換は、目下から差し出すのが原則です。つまり商談においては、お客様が先に受け取る形になります。

ほぼ同時くらいに相手が名刺を差し出してくることもあります。その時も、原則を守ります。自分が目下や商談・取引をもちかける場合や、先方がお客様であった場合は、先方がこちらの名刺に指をかけたタイミングで指を離します。こうすることで、先方の手に名刺が残り、先に名刺を差し出したことになります。

・複数対複数の場合

商談においては、複数対複数で名刺交換をすることもあります。その時も基本は同じで、机を挟まずに立ったまま行うのが原則です。

名刺交換は、役職が上の人から順番に行います。商談をもちかける側・営業が複数いる場合には「立場が上の営業(部長など)-新人など」の順番に名刺を渡していきます。

今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです。

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします。

 

詳細を見る

LINEで無料相談する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。