メンターとはどんなもの?メンターのビジネスシーンでの意味と役割について徹底解剖!




メンターと聞いて、あなたはどんな職業を思いうかべるでしょうか?実は今、メンターという仕事に大きな注目が集まっているのです。新たなチャレンジを行う人や、経験の浅い人、長く働いていて疲れがたまっている人など、いろいろなひとにメンターは必要なのです。今回は、そんなメンターの役割について見ていきます。

メンターとはどういう職業なの?

まず、メンターとはどのような仕事なのかを見ていきます。その意味をしっかり把握しておくことで、その後解説していく役割について理解を深めやすいはずです。しっかりチェックしていきましょう。

メンターの由来とは

メンターの言葉の由来は、古代ギリシャの叙事詩に出てくる王の教育や助言を与える賢者Mentor(メントール)という人物です。メントールがメンターと呼ばれるようになり、現在の指導や助言をする人という意味に落ち着きました。

メンターとメンティはセットで覚えておこう

メンターとは、困っている人、主に精神的に助けを必要としている人に対し、指導や助言をする人のことです。メンターにかかり、指導や助言を受ける人をメンティと呼びます。

ちなみにメンターはカウンセラーのように、特に何らかの資格が必要なわけではありません。例えばですが、会社の先輩をメンター(指導者)として、後輩がメンティ(指導を受ける人間)と扱うことも可能なのです。

メンターの担う役割とは?活動するフィールドは多岐にわたる!

ここからは、メンターがどのような役割を担っており、その活動フィールドはどこなのかを具体的に見ていきましょう。

メンターの活躍分野は広い!

メンターは、実に広い活動分野を持っています。企業での業務支援を行うメンターもいれば、人生について支援するメンターもいます。心の問題に対して寄り添うメンターもいますし、キャリア全般を受け持つメンターもいます。つまり、『助けが必要な人がいる』だけで、そこはメンターのフィールドになるのです。

ビジネスシーンでの例を簡単に挙げれば、ビジネスにおいてもっと成長したいと思っている人への上級者向けの支援や、これから将来どうしていこうか悩んでいる中堅社員への支援、さらに女性蔑視の職場やLGBT関係の悩みに対する支援などがあります。ビジネスという一つの枠組みの中でも、まだまだ悩みはあり、メンターの仕事もあるのです。

メンターは、仕事や人生、地域社会まで、さまざまな分野で支援の手を差し伸べる『お助け』的な立ち位置を持っている職業だといえるでしょう。

メンターが果たしてくべき役割

メンターの活動フィールドが広いということは、その広さに応じて役割も多くなるということです。とある現場では不可欠だった役割が、別の現場に行くと全く必要ないということもあります。

共通している役割としては、

  • メンティ―に目標設定の明確化を促す
  • 目標を達成するためにに必要な行動支援・アドバイス
  • 経験が少ないメンティへの支援・メンタル面のサポート

など、メンティへの多角的支援です。

メンターに求められるものとは

メンターは、多岐にわたる支援を行える人材でなくてはなりません。そんなメンターには、多くの能力が求められます。もちろん実務を通して身につくものもありますが、そもそも今回挙げるような能力やスキルがない、もしくは苦手としている人にはメンターは難しい仕事となるかもしれません。

コミュニケーション能力

メンターにとって必須のスキルともいえるのが、このコミュニケーション能力です。メンターは多くのメンティとかかわり、多くの悩みを聞いて適切な支援プランを計画しなくてはなりません。

その中で、メンティの悩みを引き出すこと、どうやったら解決するのか考えさせること、解決策を正しく伝える伝達などなど、とにかくたくさんのコミュニケーションを取る必要があります。

俯瞰的、客観的な物事の捉え方

物事を俯瞰でとらえる能力、主体的にならず客観的にとらえる能力も、メンターには求められます。

なぜならメンティは、あなたに悩みを話すときに非常に感情的になっているためです。悩みを抱えて目いっぱいになっているならば、視野狭窄に陥っている可能性もあります。

そんなメンティに対して、メンターは冷静でなくてはなりません。一緒に感情を高ぶらせたり、一点のみ見ていてはいけないのです。最適な助言をするためには広い視点で状況を観察し、物事を客観的にとらえることが大切なのです。

まとめ

メンターは、広いフィールドでたくさんの人を助ける職業です。そうであると同時に、だれでもメンターにもメンティにもなりえる普遍的な在り方でもあります。会社でメンターとして活動する際は、コミュニケーション能力以外にも、指導力も不可欠です。

メンターになろうと思っているならば、ぜひ多くのロールモデルを経験し、コミュニケーション能力を高めていきましょう。人の役に立つことができるメンターは、これから先、より需要が高まっていくはずですよ。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。