サブスクライブの意味とは? 類義語や対義語などを解説




サブスクライブの意味とは?

ここでは、サブスクライブの意味についてご紹介します。

一般的なサブスクライブの意味

定期購読する、会員登録する、配信を受けるなどが、一般的なサブスクライブの意味です。

サブスクライブという言葉は、主として新聞や雑誌を購買したり、動画などの配信を受けたりするときに使います。

また、サブスクライブは、購買において支払いが月額で生じるものもいいます。

分野ごとのサブスクライブの意味

ここでは、分野ごとのサブスクライブの意味についてご紹介します。

ユーチューブでのサブスクライブ

ユーチューブは情報発信基地として最近メディアが着目するものとして知られていますが、サブスクライブは頻繁にユーチューブの最後に見かけるでしょう。

ユーチューブでのサブスクライブは、チャンネル登録という意味で、ユーチューバー(配信者)が投稿したときなどに、投稿情報をいち早く掴むための登録ボタンです。

サブスクライブカウンター

サブスクライブカウンターは、興味があるユーチューバーの投稿チャンネル名を入れることによって、登録者数が実際に掴めるものです。

登録者数をリアルタイムで掴めるため、簡単に別のユーチューバーとの比較することなどができます。

steamでのサブスクライブ

steamというのは、人気のプラットフォームで、ユーザーとの交流をサポートしたり、PCゲームをダウンロードしたりするものです。

steamでのサブスクライブは、ゲームの中に独自にワークショップにあるユーザーが作ったデータを導入することです。

操作は、steamでのサブスクライブボタンを押すのみの非常に簡単なものです。

また、ゲーム要素を追加拡張するということも、steamのサブスクライブの意味としてはあります。

ユーザーが作った夢や希望を実現させたデータを追加することによって、ゲームへのワクワク感や興味がさらに得られます。

Twitchでのサブスクリプション

Twitchというのは、ゲーム実況での配信サービスで、アメリカのアマゾンが運営しています。

Twitchは、ライブでゲームをしているシーンを配信したり、ゲームについての全てのイベントを配信したりしていますが、サブスクライブを選ぶことによって、課金がサポートしたい配信者のスポンサーとしてできるものです。

Twitchでのサブスクライブは、サポートしたい期間を1ヶ月間~3ヶ月間で選んで、サポートする月額を5ドル、10ドル、25ドルから選ぶことでスタートします。

個人的に、好きな配信者を少額でサポートできることがメリットでしょう。

サブスクライブの類義語とは?

ここでは、サブスクライブの類義語についてご紹介します。

定額制、定額利用、定期購読

サブスクライブの類義語としては、定額制があります。

そのため、サブスクライブの動詞のサブスクライブするの類義語としては、定期購読する、定額利用するなどがあります。

また、類義語としては定額制サービスを契約するもあります。

ライセンス契約

ソフトウェアサービスの購入のライセンス契約は、使う権利を与えられることをいいます。

ハードウェアとは違って、ライセンス契約はものが届くということではありません。

ライセンス契約は、ソフトウェアの購入形態のことです。

ライセンスの意味は、許可ということです。

全てのソフトウェアの購入は、全てのライセンス契約になります。

そのため、サブスクリプションも一部のライセンス契約になり、ライセンス契約するはサブスクライブするの類義語になります。

サブスクライブの対義語とは?

ここでは、サブスクライブの対義語についてご紹介します。

従量制、従量課金

定額制の対義語としては、従量制があります。

従量制というのは、料金を用量や利用時間によって決定する方法です。

そのため、サブスクライブの対義語としては、従量課金もあります。

買い切り

サブスクライブの対義語としては、買い切りがあります。

買い切りというのは、一度で全て買い取ることです。

例えば、音楽でいうと、ストリーミングサービスがサブスクリプションで、ダウンロード販売が買い切りになります。

買い切りもサブスクリプションもライセンス契約ですが、支払い方法が違っているため、対義語になります。

キャンセル

サブスクリプションを止めることは、キャンセルといいます。

キャンセルというのは、予約したものを取り消すことです。

しかし、予約したものを取り消すのみでなく、予約した部屋数や日付を変えることもキャンセルと同じような扱いになります。

ライセンス方式

IT分野でサブスクライブは使われていた言葉ともいわれていますが、サブスクライブの IT分野での対義語としては、ライセンス方式があります。

ライセンス方式というのは、プログラムやソフトウェアを買い切りで購入することです。

ライセンス方式は、月額の支払いで使えるのではなく、永久的に使えることをいいます。

当然ですが、ライセンス方式のときは、月額の支払いや追徴金は生じません。

アンサブスクライブ

アンサブスクライブ(unsubscribe)は、チャンネル登録や定期購読を止めることです。

アンサブスクライブの意味は、否定の「un」を「subscribe」につけることによって登録のキャンセルや購読中止ということになります。

例えば、アンサブスクライブの処理をメールマガジンやユーチューブ、ニュースレターなどが必要でなくなったときに行うことによって、チャンネル登録や定期購読をキャンセルすることができます。

サブスクライブの英語表現とは?

「subscribe」がサブスクライブの英語表現になります。

「subscribe」の意味としては、購読する、予約購読する、定期購読するということだけでなく、申込書や契約書にサインインする、署名する、署名して承認する、同意する、あるいは寄付するということもあります。

このような意味では、日本語のサブスクライブは使われることはおおむねありません。

しかし、外資系の企業や英語圏で働くときは、サブスクライブの意味として会員登録する、定期購読する以外のものも把握しておく必要があるでしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。