仕事のミスを軽減する!仕事中に記憶力がないときの対処方法

仕事中に記憶力がないときの対処方法

対処法③ こまめな休憩をとって頭を休める

記憶力低下の原因として、頭の疲れがあります。一度にたくさんの仕事をこなそうとしてしまい、記憶力もどんどん低下していってしまいます。

人の集中力には限界時間があり、2時間を超えるとどんどん仕事ができなくなっていくといわれています。脳の処理速度が下がっているのです。

 

長く同じ仕事をしなくてはならないときは、こまめに休憩をとるようにしてください。5分程度の短めの休憩で構いません。その休憩の際に、次にやるべき仕事やタスクの確認を行います。その際、自分がやっている仕事よりも優先順位の高いものがないかを確認すると、ミスも少なく済みます。

 

まとめ

仕事を忘れることが多い人のための対策方法を紹介してきました。記憶力のなさは、休憩やアウトプットによって補うことができます。改善しようと努力する姿勢が、記憶力のUPにもつながっていくはずです。

なるべくミスをしなくて済むように、これらのことをぜひ実践してみてくださいね。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。