アラサーでも国家資格にチャレンジってあり?難易度低めの資格を解説【ライター/粕谷麻衣】




「転職に向けて有利になる国家資格がほしい」「キャリアアップのために国家試験にチャレンジしたい」など、さまざまな理由によりアラサーで国家資格の取得を目指す方は多いです。

資格の勉強は若い世代のほうが記憶力などの点から有利であるといわれることもありますが、アラサーからでも十分国家資格にチャレンジできます。

そこで、今回はアラサーで国家資格にチャレンジしたい方に向けて、難易度が低めの資格をご紹介します。

国家資格の取得において年齢はネックにならない

国家資格の取得は、年齢がネックになることはありません。アラサーであっても、卒業以来勉強をしてこなかった大人であっても、資格取得のための学習を適切に進めることができれば、何歳でも取得は可能です。

実際、30代を過ぎてからふと自分の将来や、定年後の生活に不安を感じ「自分の未来のために手に職をつけておきたい」と考える方は多いです。

20代では想像したことのない自分の未来が、いろいろな経験を経てふと考えるきっかけが出てきたり、リスクに気が付いたりしたことで、大人世代に入ってから国家資格の取得を目指し始める事例も珍しくありません。

「若いうちのほうが記憶力がよいのでは」「20代と比べて理解力が落ちた気がする」など、さまざまな不安を感じる方もいると思いますが、適切な勉強法を実践できれば国家資格の取得は十分実現可能です。

アラサーが国家資格を取得するためのポイント

アラサーといえば、働き盛りの世代であり、後輩や部下なども増えてくる世代です。しかし、一方で仕事に慣れてきて、余裕も生まれてくる年代ともいえるでしょう。

そんなアラサーが国家資格を取得するためには、どのようなポイントをおさえて勉強を行えばいいのでしょうか。

過去問を中心に触れる

国家資格を取得するために勉強するのであれば、過去問は徹底的に解いておきましょう。いずれの国家資格も出題形式や出題傾向に大きな変化はないことがほとんど。過去問を解いていくことで、出題される問題の雰囲気や全体像などもわかってきます。

過去問をきっかけに、自分なりの対策を生み出すチャンスにもつながることもあるでしょう。過去数年分の過去問は最低限解いておくと安心です。

勉強は「質」より「回数」を意識する

アラサーが国家資格の勉強をする際には、質よりも「回数」をとくに意識してください。30代を過ぎてくると、徐々に記憶力に不安な点が生じやすくなるものです。

しかし、同じ個所を何度も反復して学習したり、しっかりと学習したい部分を事前に何度か目を通しておいたりするだけで自分の記憶に定着させやすくなります。

つまり、しっかりとまとまった時間を確保して集中して取り組むよりも、短いスキマ時間をたくさん活用して何度も勉強するほうが覚えやすくなるのです。

試験の難易度が低い国家資格にチャレンジする

アラサーで国家資格の勉強に不安を感じている方は、難易度が低いものを選んでチャレンジしましょう。

「国家資格」と聞くと、どの資格も難易度が高いようなイメージがあるでしょう。しかし、必ずしも全ての国家資格が難関資格であるわけではありません。

勉強時間が数十時間程度で取得できる国家資格があるうえに、そもそも試験を必要とせず特定の講習を受けるだけで取得できる国家資格もあります。

そのため、「ほしい国家資格があるから取得する」というわけではなく、「何でもいいから国家資格がほしい」といった方は、難易度に注目して取得する資格を選ぶのも良いでしょう。

アラサーにおすすめ!難易度低めの国家資格

ここからは、試験の難易度が低めの国家資格をご紹介します。どのような資格があるのか、さっそくチェックしていきましょう。

ウェブデザイン技能検定

近年注目を集めているウェブデザイン技能検定。ホームページのデザインを手掛ける技術・知識があることを証明する国家資格です。

勉強期間はおよそ1か月程度であり、難関資格のように何年も学習を継続する必要がありません。

合格率はおよそ60%といわれていて、比較的取得しやすい難易度であるといえます。また、ウェブデザイン技能検定は、取得費用も2万円程度で済むため、お財布にもやさしいのが魅力です。

衛生管理者

衛生管理者は、取得しやすい国家資格として定番の存在です。職場で働く社員の安全を守り、健康被害を防ぐためにも必要な資格であり、キャリアアップのための資格としても人気です。

ちなみに、衛生管理者には「第一種」「第二種」の2つの種類がありますが、いずれも合格率はおおよそ40%前後です。

勉強に要する期間も4か月程度とそこまで長くないため、働きながらでも勉強の負担が少ないのではないでしょうか。

ただし、試験の難易度がそこまで高くない一方で、試験を受けるためには「労働衛生業務」の経験が必要です。該当する方が絞られてしまうものの、労働衛生業務を行ったことがある方にはおすすめできます。

ITパスポート

ITパスポート近年注目が高まっている国家資格です。インターネットやITなどが身近になった現代において、IT全般の知識を保有している人材は、どこの企業でも重宝されます。

最近では、企業が積極的に従業員に対してITパスポートの取得を促しているほどで、現代に必要とされている国家資格といっても過言ではありません。

ITパスポートは、国家資格の中でも合格率が高めで50%前後といわれています。勉強には4か月ほどの期間を要しますが、内容自体はそこまで難易度が高くないため、勉強を進めやすいといったメリットもあります。

まとめ

本ページでは、アラサーでも目指しやすい国家資格についてご紹介しました。国家資格は一見すると難しそうなイメージがありますが、必ずしも難易度が高い資格ばかりではありません。

国家資格の取得が目標なのであれば、自分がチャレンジしやすそうな資格を見極め、無理のない勉強スケジュールを計画することが大切です。

とくに、勉強が久しぶりの方や、勉強が苦手な方、アラサーになって記憶力に不安が出てきた方は、ぜひ今回ご紹介した国家資格の試験に向けて、勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

粕谷麻衣

ライター・キャリアコンサルタント。「子育てと仕事を両立したい」「自分らしく働きたい」「自分の好きなことを仕事にしたい」など、今どきの働き方にフォーカスした情報を発信。取材やインタビューを通して、リアルな声を追求していくことが好き。
自身は一児の子どもを持つシングルマザー。ワーキングマザーとしての人生を楽しく謳歌中。






RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
  働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。