美人なのにモテないってナゼ?!ヒミツは男性のホンネにあり!

美人なのにモテない

男性のホンネその2「付き合ったら、お金がかかりそうに見えて近寄れない」

美人な女性で、服装がダサい……という人は、あまりいませんよね。アクセサリー一つ、時計一つ、財布一つをとっても、しっかりお金をかけていいものを選んでいるように見えます。また、髪もしっかり手入れされているでしょうし、メイクもきれいに整っているはず。

本当はそれほど高い服でなくても、メイク用品でなくても、アクセサリーでなくても、男性は、その一つ一つに「高級感」を感じています。

実際に、全身ハイブランドの服で固めていたり、いつも高いものを身につけている女性とお付き合いするのは、男性にとっては大きなハードルになってしまうよう。

もちろん相手も「全身ブランド服じゃなきゃ」「高いものしか身につけない」という思考なら、金銭的な価値観もあっていますしいい相手になるでしょう。ですが、そうでない男性を好きになった時は……。

やはり「この人と付き合ったら高いものを贈らなきゃならないし、がっかりされてしまいそうだ」「自分がこの人に贈り物ができるほどセンスがない」など、釣り合わなさを感じて引いてしまうようです。

 

そんな美人さんにオススメなのは、あえて「ハイブランドの服でなくても、着こなしなどにしっかり気を遣っている」ということを口に出すことです。その男性に直接言うことはできないかもしれませんが、女子同士の会話の中でならできるはず。「いい服着てるよね」などと言われたら、「上は○○ってブランドだけど、後は安物なの」「高そうに見える?嬉しい」など、「あ、そうやって頑張っているんだ」「あの人が来てるから高そうに見えるんだ、さすがだな」と思わせられたら、きっと好意を持って男性がアプローチしてくれるはず!

あくまでもいやらしくなく、あざとくなくやることがポイントですよ。

 

まとめ

なぜかモテない「非モテ美人」さんがお悩みから抜け出すヒントは、この記事にあったでしょうか。いくら美人でも、言葉が汚かったり、片づけができなかったり、そんな女性は絶対にモテません。男性を振り向かせるには、男性に親しみやすさを感じてもらうのが何よりのポイント。是非この記事を参考にして、素敵な恋を見つけ、「非モテ美人」を返上してください!

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。