勝ち組のボーダーライン?!年収600万円の生活の実態とは

年収600万円

見てみたい!年収600万円の生活とは

年収600万円、手取りはいくらになるの?

一般的なサラリーマンを想定し、年収から税金や保険料を引くと、なんと累進課税の制度に則り、ざっと120万ほどが天引きされてしまうため、600万円の年収で、手取りでは480万円程度と言われています。

ボーナスを加味しなければ、月々の収入は約40万円前後。なかなかぽんと到達できる金額ではないように思えますよね。

のぞき見!年収600万円の「単身女性」の生活

特殊な職業であるマグロ漁船乗組員などではなく、あくまで一般的な会社に勤める、年収600万円の単身女性がいると仮定して、お金の使用用途をのぞき見してみようと思います。

あくまでも趣味レーションの結果と参考として、お読みくださいね!

住まい:月12万円程度の賃貸住宅

「年収×0.25=年間家賃額」が妥当だと言われている今の時代。年収600万円では、計算上は12万円程度を家賃にあてることができます。

ざっと調べてみましたが、家賃に12万使えるとなると、東京23区内なら、港区・渋谷区、築年数にこだわらなければ新宿のマンションにも住むことができそうです。

食費:基本切り詰める必要なし、外食でプチ贅沢もできちゃう!

単身世帯の食費は、大体ひと月あたり2~5万円ほど。家賃、光熱費などを差し引いても、年収600万の生活をしている人には、よっぽどのギャンブラーや買い物依存症でない限り、毎月10万円以上自由になるお金があるということです! 外でのランチや、会社仲間との会食、ディナーなど……贅沢を楽しんでいる人もいるはずです。

貯金:余裕を持った貯蓄も可能、平均6万円ほど

「理想の貯金額」として提唱されているのは、「月の収入の約2割」。であれば、年収600万円の人は毎月6万円ほどの貯金をすれば、理想的な金額になると言えるでしょう。もちろん、食費や交友費などをしっかり押さえることができる人であれば、それ以上の貯金額をねん出することも難しくないはずです。

まとめ

パッと見はまるで夢のような、年収600万円の生活。単身者であればリッチな暮らしを送れるかもしれませんが、家族を養いながらではシビアな現実が待ち構えていることも少なくありません。

どんな年収にせよ、「無駄遣い」は禁物。いつかあなたに訪れる「年収600万円」の将来のために、しっかり働いて、しっかり貯めておければ、未来はバラ色……かもしれませんね。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。