勝ち組のボーダーライン?!年収600万円の生活の実態とは

年収600万円

「年収いくら?」そんな質問に、パッと答えられる人はいるでしょうか。年収と言うのは、一種のステータス。年収アップは働く女性にとって、自立して生活していくために、目指すべき目標でもあります。2016年の女性の平均年収は359万円というデータがありますが、「人生の勝ち組である年収600万円」を稼ぎ出すことができたら、実際、どのような生活が送れるのでしょうか。

女性で年収600万を獲得するのはまだまだ遠い現実……

日本では、1人あたりの年収で平均して一番多いのは、400万円前後のようです。「ボーダーライン」と呼ばれている600万円台には、200万円の開きがあります(平成27年度「民間給与実態統計調査」)。

では、年収600万円の人は、いったいどんなキャリアを持っているのでしょうか。

実際に調査してみると、年収600万円を弾き出しているのは、働き盛りで、しかも部長や課長などの、大きな役職に就いている40代、もしくは50代の男性が中心のよう。つまり、若手である20代や、結婚や出産、育児でキャリアが停滞しがちで正社員でもいまだ役職につきにくかったり、パートなど非正規雇用の人が多い女性が年収600万円を獲得するのは、まだまだ難しい社会であると言えるでしょう。

未経験の仕事に挑戦したい20代女性の方は「おしごとスタイリスト」へ

おしごとスタイリスト

おしごとスタイリストとは、1都3県に住む20代女性の方に特化した転職エージェントです。

これまでに多数の実績を残してきたキャリアアドバイザーが、あなたにとって最も良いキャリアを一緒に選択し、もし転職するとなった場合は選考対策まで行います。

「今の仕事を続けたままでいいのか悩んでいる」

「本当は別の仕事をやってみたいけど今から転職できるのか不安」

「キャリアについて漠然と悩んでいる」

このような方はぜひ一度、お気軽にご相談下さい。

おしごとスタイリストを詳しく見る

LINEに友達登録する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。