主役が2人!ブラームスのドッペルコンチェルト【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです♪
これまで協奏曲(コンチェルト)といえば、ソリストは名前の通り、1人で演奏し、オーケストラを引っ張っていくイメージがあったと思いますが、ドイツ三大Bで有名なブラームスがヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲(ドッペルコンチェルト)を残しています。

和解のための曲?

作曲したのはドイツの作曲家、ヨハネス・ブラームス。ブラームスは親友であったヴァイオリニストのヨーゼフ・ヨアヒムと長く疎遠になっていました。ブラームスは交響曲第5番として作曲を進めていましたが、和解のきっかけとしてヨアヒムとの弦楽器の取り扱いなどの意見交換を通してこの曲をヴァイオリンとチェロの協奏曲として作り上げたと言われています。

ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調

1楽章Allegro

オーケストラの力強い演奏から、チェロが登場し、オーケストラに導かれるようにヴァイオリンが登場します。ヴァイオリンとチェロが会話をしているような場面が見受けられます。

未経験の仕事に挑戦したい20代女性の方は「おしごとスタイリスト」へ

おしごとスタイリスト

おしごとスタイリストとは、1都3県に住む20代女性の方に特化した転職エージェントです。

これまでに多数の実績を残してきたキャリアアドバイザーが、あなたにとって最も良いキャリアを一緒に選択し、もし転職するとなった場合は選考対策まで行います。

「今の仕事を続けたままでいいのか悩んでいる」

「本当は別の仕事をやってみたいけど今から転職できるのか不安」

「キャリアについて漠然と悩んでいる」

このような方はぜひ一度、お気軽にご相談下さい。

おしごとスタイリストを詳しく見る

LINEに友達登録する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。