主役が2人!ブラームスのドッペルコンチェルト【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠




2楽章Andante

オーケストラとソリストたちが溶け込んで一体になるような、色彩豊かで明るく温かみのある楽章です。ずっと遠くへ思いを馳せて響いているような音が印象的です。

3楽章 Vivace non troppo

チェロのソロから始まり、ヴァイオリンも同じ旋律を奏でます。1楽章の重々しさとは対照的に軽快なリズムが特徴的で、1度聴いたらずっと耳に残るリズムと旋律です。

いかがだったでしょうか?協奏曲ではありますが交響的な壮大さがありますね。筆者が高校2年生の時に、尊敬する師匠が指揮をした公演でこの曲に出会いました。とても感動して、「いつか絶対演奏したい!」と、多感な時期をこの曲と過ごした思い出があります。“静”と“動”がはっきりしていて、ところどころ訪れる“静”の瞬間が個人的トキメキポイントです…!
きっと皆さんの心を揺るがすこと間違いないでしょう!
次回もお楽しみに♪

<プロフィール>
月元 ハルカ
長崎県出身。3歳よりヴァイオリンをはじめる。田代典子、木野雅之各氏に師事。これまでに、エドゥアルド・オクーン氏、豊嶋泰嗣氏、大山平一郎氏、ロバート・ダヴィドヴィチ氏、ハビブ・カヤレイ氏、加藤知子氏、小栗まち絵氏のマスタークラスを受講。また、ながさき音楽祭、球磨川音楽祭、霧島国際音楽祭、NAGANO国際音楽祭に参加、マスタークラス修了。各地で演奏活動を行う。西南学院大学 国際文化学部 卒業。現在、福岡教育大学 大学院 音楽科 修士課程修了。各地で演奏活動を行う傍ら、後進の指導を行う。クラシックをより身近に感じてもらうためのコラムサイト『COSMUSICA』(cosmusica.net)にて、連載「映画で学ぶクラシック」執筆中。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。