シューベルトの心境を反映、弦楽四重奏曲「死と乙女」【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです!前回に引き続きシューベルトの作品についてご紹介します。
シューベルトが体調不良に陥った直後の作品で、全楽章が短調で絶望的な心境が反映されている楽曲と言えます。

歌曲「死と乙女」


さすが歌曲の王と呼ばれるシューベルト、今回ご紹介する楽曲も自身の歌曲「死と乙女」からの引用があるため、こう呼ばれています。

弦楽四重奏曲 第14番二短調D810


今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです!

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします!

詳細を見る

LINEで無料相談する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。