ワルツの父!ヨハン・シュトラウス1世のラデツキー行進曲【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです!これまでワルツ王のヨハン・シュトラウス2世について取り上げてきましたが、今回は父親のヨハン・シュトラウス1世についてご紹介したいと思います。

ヨハン・シュトラウス1世(1804-1849)

オーストリア生まれの作曲家、指揮者、ヴァイオリニスト。幼い頃にヴァイオリンを始めたことをきっかけに音楽の世界に興味を持ちました。息子は父親の背中を見て育ち、音楽への夢と憧れを抱いた「ワルツ王」と呼ばれたヨハン・シュトラウス1世です。
ただ、安定しない音楽家の道に息子を進ませたくなかったため、あの手この手で息子の演奏会を妨害しようとします。それとは裏腹にヨハン・シュトラウス2世は成功をおさめるのでした…

ラデツキー行進曲


クラシック音楽の中でもとても有名で、誰もが聴いたことがあるのではないでしょうか。ノリノリで思わず手拍子をしてしまう曲です。オーストリア独特なリズムで、後拍にアクセントが置かれ強調されるのが特徴的です。

今の職場に不満がある20代女性の方へ

「今の職場の給料や待遇に不満がある…」

「転職を考えているけど何から始めたらいいかわからない…」

「そもそも転職をするかどうか迷っている…」

東京圏の20代女性に特化した転職エージェント「おしごとスタイリスト」というサービスがあります。

おしごとスタイリストは、広告費をほとんど使わずにサービス向上に力を入れている、隠れた優良転職エージェントです!

完全無料で、あなたにとって最も良いキャリアの選択をサポートいたします!

詳細を見る

LINEで無料相談する

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。