メンデルスゾーン、最後の弦楽四重奏曲【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

第2楽章 Allegro assai

力強いスケルツォでありながらも、暗い雰囲気を引きずったままです。悲しみが押し寄せてくるのが目に見えるような感じがします。

第3楽章 Adagio

寂しさを感じるような静けさを持っていますが、時折優しさを思い出すような切ない旋律が耳に残ります。

第4楽章 Finale:Allegro molto

1楽章同様、チェロのトレモロで不安を煽ってくる中で、ヴァイオリンが旋律を奏でます。最後はフィナーレらしく勢いよく終わりますが悲しみの余韻がただ虚しく残るように感じます。

いかがだったでしょうか?
前回ご紹介した若さみなぎる八重奏曲とは対照的な雰囲気ですね。それもそのはず、弦楽四重奏曲はメンデルスゾーンの最期の作品群だったのですから…
音楽家が残した作品と対峙するといつも、どんな曲にも作曲者の想いや魂が込められて、人生をかけて音楽を作ってきたということを思い知らされます。

メンデルスゾーンについては一旦おしまいです。
次回もお楽しみに!

<プロフィール>
月元 ハルカ
長崎県出身。3歳よりヴァイオリンをはじめる。田代典子、木野雅之各氏に師事。これまでに、エドゥアルド・オクーン氏、豊嶋泰嗣氏、大山平一郎氏、ロバート・ダヴィドヴィチ氏、ハビブ・カヤレイ氏、加藤知子氏、小栗まち絵氏のマスタークラスを受講。また、ながさき音楽祭、球磨川音楽祭、霧島国際音楽祭、NAGANO国際音楽祭に参加、マスタークラス修了。各地で演奏活動を行う。西南学院大学 国際文化学部 卒業。現在、福岡教育大学 大学院 音楽科 修士課程修了。各地で演奏活動を行う傍ら、後進の指導を行う。クラシックをより身近に感じてもらうためのコラムサイト『COSMUSICA』(cosmusica.net)にて、連載「映画で学ぶクラシック」執筆中。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。