ギターの音色からスペインを感じる!アランフェス協奏曲【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです!今回は初めてのギターのための楽曲、ロドリーゴ作曲の「アランフェス協奏曲」についてご紹介します!

ホアキン・ロドリーゴ(1901-1999)

スペインの作曲家。代表作品はこの「アランフェス協奏曲」ですが、本人はピアニストで、ヴァイオリンは学んでいたものの、ギターは演奏しなかったというので驚きです!

アランフェス協奏曲/ホアキン・ロドリーゴ


3楽章から成るギター協奏曲です。2楽章は特に有名で、楽曲の中で長大かつ哀愁漂う楽章となっています。

第1楽章 Allegro con spirit

ギターが呼びかけるように、管楽器、弦楽器と引き続き演奏していきます。その後、チェロのソロに導かれてギターが演奏します。フラメンコ風の訪れたことがなくても!(笑)スペインを彷彿させます。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。