メンデルスゾーン、最後の弦楽四重奏曲【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです♪
メンデルスゾーンについてのコラム、三回目はメンデルスゾーンの最後の四重奏曲です

メンデルスゾーン/弦楽四重奏曲 第6番


1847年に作曲されたこの曲はメンデルスゾーンのお姉さんが亡くなったことと強く関係があるようで、メンデルスゾーンにしてはとても珍しい“悲劇的”な雰囲気に包まれています。「音楽のことを考えようとしても、まず浮かんでくるのはこの上ない喪失感と虚無感なのです」と言っていたほどでした。その心の痛みがひしひしと伝わってきますね。

第1楽章 Allegro vivace assai

不安を助長させるようなトレモロ(刻み)で始まります。時折聴こえるヴァイオリンの高音は悲痛な叫びのようです。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。