「ベンチマーク」の意味とは?自動車のジャンルと経営のジャンル、ITのジャンルにおける「ベンチマーク」についてご紹介




「ベンチマーク」とは?

「ベンチマーク」というのは、測量において使用される言葉でした。

「ベンチマーク」は、建物などの位置や高さなどを決めるために測量をするときの基準点、水準点のことです。

ここから派生して、株式、金融などでの基準、指標などの意味でも「ベンチマーク」は使用されています。

一般的に、「ベンチマーク」の意味は何かを比べるときの評価基準です。

「ベンチマーク」は、測量のみでなく、いろいろなジャンルにおいて使用されるようになりました。

これ以外には、主として自動車、経営、IT、投資信託のジャンルにおいて「ベンチマーク」は使用されています。

しかし、使い方が使用されるジャンルによって違うため注意しましょう。

ここでは、自動車のジャンルと経営のジャンル、ITのジャンルにおける「ベンチマーク」についてご紹介します。

自動車のジャンルにおける「ベンチマーク」とは?

「ベンチマーク」の意味は「基準」のみでなく、「目標の自動車」になります。

例えば、新しい自動車が登場したとき、これが高い完成度のときは次に開発する自動車のためのベンチマークになります。

また、「ベンチマーク」になる自動車としては、新しいものでなくても、歴代で特に高い人気の自動車や高い評価の自動車などが該当します。

自動車のジャンルでの使用方法は、ちょっと別のジャンルとは違って、頻繫に「ベンチマーク」が変更になるという特徴があります。

新しい自動車が登場するごとに「ベンチマーク」されて、より高い完成度の自動車が発売されるので、「ベンチマーク」が次々に変わってしまいます。

また、「ベンチマーク」は、性能面の燃費、乗り心地、安全性などだけでも違ってきます。

経営のジャンルにおける「ベンチマーク」とは?

より優れた経営方法などを採用するときに有効なものとして、経営のジャンルにおける「ベンチマーク」は使用されます。

優れた会社やライバル他社など、指標になるビジネスや会社を決めて、自社と分析・比較を行います。

自社の問題点が「ベンチマーク」によって明確になると同時に、優れた事例を採用することによって状態を効率良く改善することができます。

目標の設定については、最も分析が容易なのは自社に近いライバル他社をするのがいいでしょう。

自社に近いライバル他社がないときは、「ベンチマーク」に優れた会社をするときもあります。

また、目標に違った業種を設定するのも効果があります。

「ベンチマーク」は業界の中において、自社の方法を優れた経営方法やプロセスと比べて、経営改善するために明確に問題点をする方法です。

「ベンチマーク」が経営改善策などで使用されるときがあります。

そのまま優れた事例を採用しないで、自社の実情に応じて変化させ、自社にとってよりいいシステムに繋げることが大切です。

ITのジャンルにおける「ベンチマーク」とは?

スマホやパソコンに内蔵されているソフトの基準が、ITのジャンルにける「ベンチマーク」になります。

「ベンチマーク」という性能を測るテストが、ベンチマークを基準にして行われ、優劣が機器につけられます。

「ベンチマーク」は、「ベンチマーク」の専用のソフトを使って、簡単に自宅でも測ることができます。

有料のソフトも中にはありますが、無料で測れるフリーソフトも多くあるので試してみましょう。

「ベンチマークスコア」は、「ベンチマーク」の結果であり、高いスコアほど優れた商品になります。

パソコンを選択するときは、大切な箇所であるメモリやCPUの「ベンチマークスコア」から、高いスペックの商品を選択する方法があります。

パソコンを使う目的に応じて、目的に適したスペックのパソコンを「ベンチマークスコア」から選択しましょう。

例えば、ゲームを快適に楽しみたいときは、「ベンチマークスコア」を比較してグラフィックボードのスペックが高いパソコンを選択することができます。

「ベンチマーク」を実施する理由とは?

「ベンチマーク」を実施するのは、次のような理由があります。

商品を開発する

「ベンチマーク」はソフトやハードの商品を開発するときに必要なものです。

まず、他社の商品と比べて自社の商品のパフォーマンスが、どの程度発揮されるかを測ります。

この「ベンチマーク」の結果をベースにして、商品をどのように開発して、マーケティングのどのような方法を使用するかを検討していきます。

例えば、「ベンチマーク」の結果が高いときは、キャッチコピーとしては「業界トップレベル」あるいは「世界最速」などを使用したプロモーションが検討されていきます。

「ベンチマーク」は、商品のアピール力をアップすることができるもので、商品を開発するために必要なプロセスです。

商品を比べる

スマホやパソコン、いろいろなソフトは、企業が多く参入しており、ライバル会社が多くあります。

そのため、一般のユーザーの中には商品を選択するときに「ベンチマークスコア」を参考にする人も多くいます。

例えば、わずかの処理スピードの違いが大きな違いが結果に現れるオンラインゲームや株式の取引をしている人は、処理スピードが大切な指標になります。

また、普通の家庭においては、消費電力も気掛かりでしょう。

「ベンチマーク」では、消費電力を1つのモデルでは50ワット、もう1つのモデルでは100ワットなどというような方法でチェックして比べることができます。

なお、スマホやパソコンであれば、「ベンチマークスコア」をネットや雑誌の特集記事などで比べて評価をしているケースも多くあります。

「ベンチマーク」を実施する方法とは?

「ベンチマーク」は、特定の負荷状態における処理スピードを測って、比べるためのものです。

ここでは、「ベンチマーク」を実施する方法についてご紹介します。

「ベンチマーク」は、ソフトやアプリを使用して実施します。

「ベンチマーク」を実施するためのソフトを自社で制作して自前で実施するケースもありますが、一般的にフリーソフトなどで公開されているものを使用します。

アプリを起動するのみで、スマホでも手軽に「ベンチマーク」を実施することができます。

「ベンチマーク」を実施する対象とは?

「ベンチマーク」の目的によって、実施する対象は違ってきます。

また、実施する対象は使用するソフトによっても違います。

「ベンチマーク」の目的は、処理スピードを特定の負荷状態において測って比べることです。

商品を開発するのみでなく、スマホやパソコンなどを選択するときに商品を比べるケースにも、一般のユーザーにも使用できる便利な指標として使われています。

「ベンチマーク」を実施するときは、ここでご紹介したようなことを参考にしましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。