「期待に応える」の意味とは? 「期待に添う」との違いや英語表現などを解説




「期待に応える」の意味とは?

「期待に応える」というのは、相手の希望するような結果を出すことです。

その時々によって「期待」の中身は違いますが、相手の希望する期待通りの近い状況を作ったり、期待通りの状況になるように努力したりすることです。

なお、ビジネスシーンにおいては、期待が具体的に示されなくても、業績アップや売上アップを暗に意味して使うときもあります。

仕事においては、業績アップや売上アップが常に要求されるものです。

業績や売上における成果が上長の期待であるというのは、いわなくても誰もがわかっていることといえます。

そのため、「期待に応える」の意味合いは、仕事の前提でもある業績アップや売上アップをコミットする、約束するというようになることもあります。

「期待に添う」と「期待に応える」の違いとは?

ここでは、「期待に添う」と「期待に応える」の違いについてご紹介します。

「期待に添う」と「期待に応える」は、微妙な意味合いの違いがあるために使いわけが必要です。

「期待に添う」は、意味が期待された要求や内容に従うということで、相手を受け入れる、相手の期待に従うという意味合いが強いものです。

一方、「期待に応える」は、積極的に相手の期待に応えられるように働きかける、動くという意味合いが強いものです。

そのため、「期待に応える」に比較して、「期待に添う」は消極的な相手の方針ややり方に従うというようなイメージになります。

「期待に応える」を使う方が意気込みを伝えるときには適切ですが、「ご期待に添えるように」をかしこまったシーンでより丁寧に表現するときには使います。

相手が顧客や取引先のときは、「ご期待に添えるように〜」を使う方が丁寧なイメージになります。

「期待にそう」の「そう」の漢字表記としては、「沿う」と「添う」があります。

「沿う」は、方針や決まりなどに従う、あるいは主なものから離れないようにするという意味で使われます。

「添う」は、目的、要望などにかなう、離れないで側にいるという意味があります。

そのため、「期待」に繋げるニュアンスとしては、いずれを使っても間違いということではなく、いずれも使うことができます。

しかし、相手の気持ちに寄り添うということが「期待にそう」ということであるため、「添う」を使うときの方が多くあります。

「期待に添う」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「お客様のご期待にできるだけ添えるように、精一杯努力して参ります。」
  • 「これからも、皆様のご期待に添えるように精進してまいりますのでよろしくお願いいたします。」
  • 「仕事に早く慣れて、皆様のご期待に添いたいと思っております。」
  • 「殘念ながらご期待に添いかねることになりましたので、ご了承をお願いいたします。」
  • 「誠に申し訳ありませんが、ご期待に添いかねることとなりました。」

「期待に応える」ための方法とは?

ここでは、「期待に応える」ための方法についてご紹介します。

努力して期待以上のものを出せるようにする

「期待に応える」ためには、努力して期待以上のものを出せるようにすることが大切です。

力を100%出そうと考えても、成果が80%しか出せないときはよく社会人ではあります。

しかし、力を120%発揮することもできたり、力をこれ以上発揮できたりすることもあります。

そのため、相手が期待している以上のものを、「期待に応える」ためには出すといいでしょう。

意識によってできることであるため、実行することが大切です。

「期待に応えすぎない」ことも必要である

その人にとって他の人の期待に応えることが大きな喜びであり、また無理しなくてもその期待に応えることができるのであれば、全く問題ないでしょう。

最も問題になるのは、他の人に気配りすぎたり、他の人に認めてもらうために、本来自分が持っている力以上に背伸びして、他の人の期待に応えようとしたりすることです。

これは、「期待に応える」ことができないだけでなく、自分を見失うことにもなるため、絶対にやっては駄目なことです。

目標建てが「期待に応える」ためには大切である

「期待に応える」ためには、どのようにして期待に応えるかが大切です。

そのため、目標建てが大切になります。

「期待に応える」ためには、努力して目標を達成する過程が大切になります。

この過程があるため、結果になり、成果になります。

当然ですが、はっきりと目標建てがしていなければ、仕事を曖昧なままで終わらせて、「期待に応える」ことができなくなります。

「期待に応える」と自分がいったのであれば、「期待に応える」義務がその分あるため、相当目標建てをするのは大切です。

「期待に応える」の英語表現とは?

ここでは、「期待に応える」の英語表現についてご紹介します。

「期待に応える」の英語表現としては、「to live up to your expectation」と「cannot comply with your request」があります。

「to live up to your expectation」 を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「I do my best to be able to live up to your expectations.」(あなたの期待に応えられるように私は頑張ります。)
  • 「I’ll do my best to live up to your expectations.」(私はご期待に応えられるように頑張ります。)
  • 「I will try to live up to your expectations.」(私はあなたの期待に応えられるように努力します。)

「cannot comply with your request」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「I am sorry I cannot comply with your request.」(あなたのご希望に添えなくてすみません。)

日本語の表現としては、「ご要望にお応えできなくて申し訳ありません」ということでしょう。

  • 「I cannot comply with your request.」(あなたのご要望に私は応じるわけにはいかない。)

日本語の表現としては、「ご要望にはお応えしかねます」ということでしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。