「キャリアプラン」の意味とは?メリットや「キャリアデザイン」「キャリアビジョン」との違いなどを解説




「キャリアプラン」の意味とは?

「キャリアプラン」というのは、どのように将来的になりたいかという目標を自分のキャリアにおいて持って、計画を立案することです。

「キャリアプラン」は、どのような仕事にどのような企業で就きたいかなどについて、将来を長期的に見据え、どのようなステップをその目標に向けて踏むといいかを考えることです。

また、どのような職種の仕事を単にするかだけでなく、意味としてはどのような働き方をするかということもあります。

例えば、「収入はどの程度欲しいか」「どのようなチームで仕事がしたいか」「在宅でフリーランスとして仕事がしたいか」「正社員として管理職になりたいか」「どこの勤務地がいいか」なども含まれます。

新卒で入った企業に定年退職まで勤めるのが当然であった頃には、社員の「キャリアプラン」を企業が考え、部署の異動や転勤などがあり、昇格や昇給がありました。

しかし、現在は、年功序列で給料が自然に毎年上がるような企業の方が少ないと考えられます。

自分の仕事が定年まで保証されているとは必ずしも限りません。

そのため、仕事はよりやりがいがあるものに就いてキャリアをアップしたいという人は、会社に頼らなくて「キャリアプラン」を自分で描く必要があります。

「キャリアプラン」を作る理由 とは?

世の中が変わることによって「キャリアプラン」が会社任せでは対応できなくなったことが、「キャリアプラン」を作る理由として挙げられます。

会社や社員の先行きが不透明になったことから、仕事を確保するためには個人の実力をつけることが必要になりました。

今からの時代は、会社の社員としてではなく、はっきりした「キャリアプラン」を個人として持ち、これに基づいてキャリアを主体的に選ぶことが大切です。

日本の従来の雇用制度が無くなった

日本においては、高度経済成長期から「年功序列」や「終身雇用」に基づいた「キャリアプラン」がメインになっていました。

一般的に、キャリアを一つの会社で積むことであったため、「どのような仕事をするか」「キャリアアップをどのように進めていくか」というようなキャリアを築くことは、会社が個人の代わりにメインになって決めていました。

しかし、日本のビジネス環境は、ここ30年間で大きく変わりました。

危機的な不況や労働人口の減少などによって、「年功序列」や「終身雇用」は無くなりつつあります。

そして、経団連会長などが「終身雇用は維持できない」と2019年5月に表明しました。

「終身雇用」が無くなれば、会社主導の長期勤務を前提にした「キャリアプラン」を築くことはできません。

仕事がAI化によって自動化された

技術革新が世界的に行われることによって、将来的には現在行っている仕事もAI化され、仕事が無くなるかもしれません。

オックスフォード大学と野村総研の2014年に行われた共同研究では、日本の労働人口はコンピューターの技術革新によって半分近くが20年間のうちに自動化されることを示しています。

「キャリアプラン」を作るメリットとは?

ここでは、「キャリアプラン」を作るメリットについてご紹介します。

現在行うべき行動がわかる

現在の状況までを自分の理想とする姿から逆算することによって、現在行うべき行動がわかります。

例えば、フリーランスとして5年後に独立したいのであれば、独立するまでに実務経験を豊富に積んで、受注が安定するようにネットワークを築くことなどが必要でしょう。

そのため、「経験を積むために30件は1ヶ月間に受注しよう」「ビジネスに繋がる人脈を築くために、交流会に積極的に参加しよう」などというような具体的な行動がわかるでしょう。

仕事に対するモチベーションがアップする

仕事に対するモチベーションがダウンする要因は、仕事をする目的を見失うからです。

「キャリアプラン」を作ると、自分のビジョンに毎日の仕事が繋がっていることがわかり、仕事に対するモチベーションがアップします。

キャリアを選択するチャンスが有効に使える

現代は「終身雇用」が無くなっているので、キャリアを選択をするチャンスが何回もあります。

どのような選択を転勤、結婚、転職などの時期にするか考えるときには、「キャリアプラン」が有効です。

例えば、結婚のときでも、そのまま継続するか、寿退社するか、転職するか、などというようにキャリアの多くの選択肢があります。

「キャリアデザイン」「キャリアビジョン」と「キャリアパス」の違いとは?

ここでは、正しく「キャリアプラン」を把握するために、「キャリアプラン」の関連用語である「キャリアデザイン」「キャリアビジョン」と「キャリアパス」の違いについてご紹介します。

「キャリアデザイン」

「キャリアデザイン」というのは、「主体的にキャリアプランを設計すること」です。

理想を自分の仕事や人生に対して描いて、主体的に実現するために選択することを意味します。

「キャリアビジョン」

「キャリアビジョン」というのは、「自分が将来どのようになっていたいかという理想像」です。

このときのキャリアというのは、今後の働き方や生き方というニュアンスが強く、人生での理想像と考えられます。

「キャリアビジョン」は、最終的な「キャリアプラン」の目的地です。

「キャリアパス」

「キャリアパス」というのは、「あるキャリアを獲得するための道筋」です。

具体的には、一つの会社の中で、特定のポジションや役職に就くときに必要なスキルや経験などを示したもので、昇格や昇進のモデルプランです。

「キャリアプラン」とは、キャリアの意味が広義かどうかが違っています。

人生の理想像に向かっての計画が「キャリアプラン」ですが、理想像を目指すために具体的に一つの会社の中で「スキルアップ」をどのように行っていくかが「キャリアパス」になります。

必ず「キャリアプラン」が実現できるとは限らない

実際には考えた「キャリアプラン」の通りにならないときも多くあり、自分が希望するような仕事ができるとは限りません。

これは、組織であるため仕方がないことです。

しかし、自分が考えた「キャリアプラン」に向かって、必要なスキルや知識を積み重ねることが大切です。

希望した通りにならなくても、与えられた役目を努力して果たすための過程は、自分の成長に必ず繋がります。

そのため、「できること」「やるべきこと」「やりたいこと」を、キャリアの節目には改めて見直すことが大切です。

主体的に将来の方向性を描いて、自分にとって望ましい「偶然」が節目以外で起きやすいように、「自分のキャリアに偶然を活かす行動・思考パターン」を意識して、現在の仕事に好奇心や柔軟性を持ちながら取り組むことが必要です。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。