オーバーワークとは? オーバーワークになりやすい人の特徴などを解説




オーバーワークとは?

オーバーワークというのは、働きすぎていることです。

多くの仕事量がある企業や会社などではオーバーワークになりやすく、休日出勤や残業が多くなります。

一般的に、過労死ラインは、月に80時間の残業であるといわれています。

これは、1月が20日間とすると毎日残業を平均4時間以上行っているようになり、このようなことが続いていればオーバーワークでしょう。

オーバーワークの要因とは?

ここでは、オーバーワークの要因についてご紹介します。

環境がオーバーワークの要因のときは、次のようなものがあります。

  • 業務量が多い
  • 業務量が多いために休めない
  • 人員が不足している
  • 納期や締切に追われている

自分自身がオーバーワークの要因のときは、次のようなものがあります。

  • 仕事の進め方の効率が良くない
  • 日程の管理ができていない
  • 調整が他の人とできていない

環境的なトラブルが発生することによって視野が狭まり、仕事が効率良くこなせなくなることも多くあります。

いずれか片方が要因ということではなく、このような要因が重なることによってオーバーワークになりやすくなります。

オーバーワークによる症状とは?

ここでは、オーバーワークによる症状についてご紹介します。

慢性的な体調不良や疲労感

長時間労働は、慢性的な睡眠不足や疲労感による眠気があるのみでなく、ストレスによる不眠、腹痛や頭痛というような身体症状が現れたりするときがあります。

体の抵抗力も弱くなるため、風邪などをひきやすくなったり、持病が悪くなったりするときもあります。

メンタル面の落ち込み

メンタル面においても判断力や思考力が低下し、落ち込んで投げやりな気持ちになり、プライベートや仕事に対するモチベーションを維持することが困難になります。

さらに、集中力が無くなって作業の効率が下がったり、ストレスによるイライラで他の人とトラブルが発生したりするなど、さらにオーバーワークを助長するようになることも多くあります。

オーバーワークになりやすい人の特徴とは?

ここでは、オーバーワークになりやすい人の特徴についてご紹介します。

頼まれると断れない

キャパオーバーであるということでも業務を引き受けてしまい、残業する方が断るよりも楽であると考える癖がついています。

完璧主義である

情報を自分が納得するまで共有しないため、間違いを他の人から指摘されるチャンスが少なく、時間が軌道修正するためにかかります。

完璧であると自分では考えているため、リテイク対応する期間が考慮できません。

真面目で責任感が強い

協力を他の人に頼むと早くできる業務でも、1人でやろうとします。

過剰な責任感を他の人に求めてイライラして、業務の効率が悪くなります。

仕事を休日も行う

相談が苦手で、相談できる人がいなく、限界まで努力して燃え尽きてしまいます。

情報の共有を行わないで、他の人のミスを誘って自分の残業も多くなります。

日程管理が得意でない

急ぎではない仕事から着手するため、急ぎの仕事に追われます。

後回しにした仕事を忘れて、別の仕事を引き受けてしまいます。

スキルが足りない

同じ仕事でも時間が他の人よりかかるため、残業しがちになります。

多くのミスがあり、時間が修正するためにかかります。

オーバーワークを防止する方法とは?

ここでは、オーバーワークを防止する方法についてご紹介します。

自分の仕事量を掴む

仕事を効率良く行うためには、自分の仕事量を正しく掴むことが大切です。

目の前の仕事のみに執着し、あとちょっとで終わると考えて無理をすると、そのうちに破綻します。

自分の許容範囲を掴むと、その日に与えられた仕事が終わらないときは、今日できる仕事を割り出し、次の日に残りの仕事を回すというような考え方ができるようになるでしょう。

このときは、仕事を難易度や優先度によってわけることが大切です。

そのまま頼まれた仕事を行うのではなく、見える化すれば、終わるまでのプロセスがわかりやすくなるでしょう。

仕事の順序を考える

仕事に実際に取り組むときは、その順序を自分で前もって決めておきましょう。

急ぐ仕事から始める、疲れると簡単な仕事に切り替えるなど、仕事の順序を考えると、ストレスを感じることも少なくなるでしょう。

仕事を効率良く行う

頻繁に使う文章のテンプレートを作ったりすることによって時間を短縮すると、仕事をより効率良く行うことができるでしょう。

毎日行う仕事であれば、出社したときなどに最初に行う仕事をルーチン化すると、よりスムーズになるでしょう。

上長、他の人に相談する

一人で仕事を抱え過ぎないことが大切です。

自分だけでできないと思ったときは、上長や他の人に相談し、仕事量を軽くするようにしましょう。

無理をして体調が悪くなると、仕事ができなくなって状況がさらに悪くなるだけでなく、迷惑が他の人にもかかるため、早めに対策することが必要です。

ゆっくりお風呂に入る

オーバーワークの対策としては、日常生活の中でいかに疲れを無くし、次の日に疲れを持ち越さないことが大切になります。

お風呂に入るときは、リラックス効果が期待できるぬるめの38℃~40℃くらいのお湯に、最低でも20分間くらいは浸かりましょう。

血行を促す効果が期待できるため、疲れが取れやすいでしょう。

リラックス効果やコリをほぐす効果が期待できるアロマ・入浴剤などを一緒に使うと、効果がより期待できるでしょう。

運動する

デスクワークであまり体を動かすチャンスがない人は、軽いストレッチや運動を取り込むことも大切です。

例えば、腕や脚を伸ばす、階段の昇り降りというような簡単なものでも問題ないため、仕事中や帰宅後などにこまめに取り組みましょう。

身体のコリをほぐす効果が、日常的に行うと期待できます。

睡眠の量と質を意識する

睡眠については時間を十分に確保するのみでなく、質も意識しましょう。

耳栓やアイマスクは、質のいい睡眠に非常に役に立つでしょう。

仕事のストレスで睡眠があまり取れないときなどは、自宅で睡眠するときにも利用するのがおすすめです。

また、覚醒効果がスマホやパソコンの画面の光はあるため、寝る前に使うのは止める方がいいでしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。