「ブラフ」の意味とは?ビジネスシーンでの必要性もあわせて解説




「ブラフをかける」という言葉を聞いたことはないでしょうか。カタカナ語としてはどこかで聞いたことがあるけれど、正確な意味はよくわからないという人が多いと思います。ここでは、「ブラフ」の戦略的用語としての立ち位置を解説しつつ、ビジネスシーンでの必要性を読み解いていきます。

「ブラフ」の意味と語源とは?

まずは、ブラフという言葉ができた由来と、その意味についてみていきます。本来の意味を理解しておくことで、ビジネスシーンでの使い方も理解しやすくなります。

「ブラフ」の語源は「切り立った崖」

「ブラフ」は、【bluff】と書き、「はったり。こけおどし。特に,ポーカーなどでみせる,はったりの態度」とあります(三省堂 大辞林 第三版)。

人に対して「ぶっきらぼうな」「やせ我慢」「粗野な」という意味もあります。さらにその意味をさかのぼってみると、「水辺に面した切り立った崖・岬」を指す語義を見つけらます。

切り立った崖からは飛び降りられなかったという意味合いから、「実際とは異なる行動」という意味が生まれ、そこから「ハッタリ」「こけおどし」「相手を錯乱させること」「惑わすこと」といった意味が生まれてきたといわれています。

ゲームで「ブラフ」は必須

ブラフという言葉が最も多く使われるのが、ギャンブルやゲームの場面です。ゲームに勝つための方法として、「ブラフ」は欠かせません。たとえ自分が弱い手札でも、強い手札を持っていると思わせることで相手の勢いを緩め、相手から負けを引き出せるのです。

逆にブラフを見破られてしまったら、自分のほうが負けてしまいます。ブラフは「ただの嘘」では意味がありません。人に対して虚勢を張ることで事実よりベターであると相手に思わせる戦略的策略である必要があります。

「ブラフ」と「嘘」には明確な違いがある

上記で述べた通り「ブラフ」は嘘と混同されやすいのですが、この二つには大きな違いがあります。その違いは、「真実性の有無」です。嘘は相手をだますだけではなく、悪意なくつく嘘もあります。いわゆる優しいウソというものです。

ですが、ブラフは違います。ブラフは、確実に相手を騙すつもりで仕掛ける戦略です。ブラフは基本的に自分のためだけに行うので、嘘よりも「自分本位」に使われます。

また、嘘は言葉で行われることがほとんどですが、ブラフは周囲の雰囲気や表情、空間を使って行われます。嘘よりも大々的で、大掛かりなのがブラフなのです。

「ブラフ」はビジネスシーンでも有効

ブラフは悪いもの、というイメージがついてしまったかもしれませんが、実はビジネスシーンでもブラフはよく使われているのです。ここからは、ビジネスシーンで使う際のブラフについてみていきましょう。

ブラフは交渉の手段になる

ブラフをビジネスシーンで使う際、最も多いシチュエーションは商談や交渉の際の手段として使う場合でしょう。ビジネスでは、多くの場合競合他社がいます。そんな中で自社を勝利に導くため、ブラフをかけて他社よりも自社がいいのだと見せる必要があるのです。

それは自社だけではなく、競合他社も同じように行っています。そんな中でどうやってブラフを立て、勝利に導くのかを考えることこそ、ビジネス戦略なのです。

「ブラフ」が実力を底上げしてくれる場合も

ブラフは基本的に自分のことをよりよく見せるものです。つまり、自分の実力以上のことを相手に知らしめなくては意味がないわけです。自分がやれる以上のことを平気でやれるよと言えなければ、勝てないからです。

では、そのブラフが功を奏してあなたが勝ったとします。勝ってから、「実はやれませんでした」とは絶対に言えません。ブラフをかけたなら、絶対にそれ相応のことをやってのけなければならないのです。

そのため、今まで以上の努力をするでしょう。そして実力以上のことを成し遂げられるのです。「ブラフ」が仕事のモチベーションアップに一役買うのです。

まとめ

この記事を通じて、ブラフの意味が理解できたと思います。ブラフのかけすぎは果ては自分の破滅にもつながってしまいますが、心理的な焦りや向上心をあおるのにブラフは非常に役に立つのです。ビジネスシーンでもブラフをうまく活用して、実力以上の結果を出すための道具として上手に使っていきたいものですね。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。