「ヘッドハンティング」の意味とは?種類や注意点などを解説




「ヘッドハンティング」の意味とは?

「ヘッドハンティング」というのは、会社に勤務している人材を、そのスキルを要求する他の会社がスカウトする(引き抜く)ことです。

求人を募集して、応募した人の中から雇用するよりも、別の会社にすでに勤務しており、活躍している人材を見つけてスカウトする方が、優れた人材を確実に雇用することができるので、「ヘッドハンティング」を採用している会社は多くあります。

「ヘッドハンティング」は、従来から外資系の会社で多く採用されていました。

しかし、近年は日本の会社でも採用しているところが多くなっており、一つの人材ビジネスとしても着目されています。

人材紹介業者のサービスの一環として、「ヘッドハンティング」は行われています。

人材紹介業者は、会社からの求人票によって、オリジナルのデータベースやネットワークによって、会社が希望する実績やスキルがある人材をスカウトします。

「スカウトタイプ」とこの仕組みはいわれており、このタイプを採用している人材紹介業者のことをヘッドハンティング業者といいます。

一方、「登録タイプ」という仕組みは、データベースに就職したい人に登録してもらって、登録した人と会社のマッチングを行うものです。

この「登録タイプ」は、「転職エージェント」のことです。

「スカウトタイプ」は会社が希望する人材を見つけるために転職を希望しないデータベース外の人材までもアプローチする方法であり、一方、「登録タイプ」は求職者と会社をマッチングによって人材を紹介する方法であるため、人材を集めるまでの過程が大きく違っています。

「ヘッドハンティング」が着目されている理由とは?

このように「ヘッドハンティング」が着目されている理由としては、次のようなものがあります。

  • 人材の流動化が加速している
  • 会社の海外進出が活発になっている
  • 最先端の技術産業のジャンルで急激に人材ニーズが多くなっている
  • 終身雇用制が崩れている
  • 転職の志向が労働者側に高まってきている

「ヘッドハンティング」は、従来次のようなものなどに限られていました。

  • 外資系の会社
  • 専門的な職業
  • ハイクラスの人材

しかし、「ヘッドハンティング」が認知されるようになったことによって、一気に普及されるようになったと考えられています。

「ヘッドハンティング」が普及されるようになった背景とは?

ここでは、「ヘッドハンティング」が普及されるようになった背景についてご紹介します。

終身雇用が崩れて転職する人が多くなった

「ヘッドハンティング」が普及されるようになった背景としては、終身雇用が崩れて転職する人が多くなったことが挙げられます。

総務省の労働力調査によれば、転職した人は2010年が283万人、2015年が298万人で、転職した人はわずか5年間に約15万人も多くなっています。

また、2015年において、転職者数を就業者数で割った転職者比率は4.7%、転職者比率を男女別に見れば女性が5.7%、男性が3.9%です。

この調査データからわかるように、日本型経営のシンボルでもある終身雇用が崩れて、転職は当然のようになってきています。

女性をメインに転職した人材は、よりいい仕事や新しい職場を探して、活発に雇用マーケットを動き回るようになってきています。

日本の人材不足の問題がある

「ヘッドハンティング」が普及されるようになった背景としては、日本の人材不足の問題があることも挙げられます。

人材の流動化が日本においては進んできていますが、最大の経営の課題として人材不足を挙げている会社が多くあります。

そのため、転職者数は多くなっていますが、会社が希望しているような経験やスキルを持っている人材はそれほど多くない、つまり、転職者数は多くても、レベルについての課題が解決されないままです。

特に、経営者層の「エグゼクティブ層」といわれるような人材不足が非常に際立っています。

事業承継、世代交代の課題があるにも関わらず後任の経営者がいないというように、深刻な問題に経営者の不足はなっています。

外資系の会社だけでなく日本の会社による人材活用も盛んになっている

「ヘッドハンティング」が普及されるようになった背景としては、外資系の会社だけでなく日本の会社による人材活用も盛んになっていることが挙げられます。

外資系の会社が、従来は「ヘッドハンティング」のマーケットを独占していました。

しかし、日本の会社が参入することによって、需給バランスは崩れてきました。

対象の人材が優れているほど、人材の採用競争が激しくなってきます。

「ヘッドハンティング」の種類とは?

ここでは、「ヘッドハンティング」の種類についてご紹介します。

直接会社がスカウトする

このパターンは、ほとんど次のようなものです。

  • 直接会社が優れた人材をヘッドハンティングする
  • 取引が昔からある会社の社員をヘッドハンティングする
  • 仕事を発注する側の会社が受注する側の会社の社員をヘッドハンティングする

というのは、次のような理由で雇用のミスマッチが発生しにくいためです。

  • 仕事ぶりについて実際に確認ができている
  • 雇用される人材は、取引先の会社の仕事の進め方や文化、同僚になる人をすでに把握している

SMS が拡大するにつれて、取引先以外では、ツールとしてFacebook、LinkedInなどを利用して「ヘッドハンティング」する会社も多くなっており、サービスとしてWantedly、ビズリーチというようなものも、直接会社が「ヘッドハンティング」するために利用されています。

「ヘッドハンティング」の会社に頼む

メインの方法は、「ヘッドハンティング」の会社に頼むものです。

「ヘッドハンティング」の専門の会社に、人材の発掘、交渉、採用を頼みます。

このパターンとしては、次のようなものがあります。

  • 一定金額を前もって払う
  • 採用が決まった後に成果報酬を払う

「ヘッドハンティング」で注意することとは?

「ヘッドハンティング」といえば、給与が高くなるイメージがあるかもしれませんが、給与が必ずしも高くなるとは限りません。

実際には、待遇や給与のみでなく、仕事のやりがいなどのために転職する人も多いそうです。

そのため、給与が高くなることを条件にする人は、前もって交渉する必要があります。

「ヘッドハンティング」は声を会社側からかけるので、「面談」という言葉が使われ、一般的に会場も対象者の希望に合わせます。

「面談」の目的は、対象者のスキルや人柄を判断することもありますが、入社したいと対象者に思わせる「口説き」のためでもあります。

転職する意思がない時は、「面談」が特に大切になります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。