「プロパティ」の意味とは? 「ステータス」との違いや英語表現などを解説




「プロパティ」の意味とは?

「プロパティ」の意味は、性質や特徴、所有物などです。

パソコン用語としての「プロパティ」の意味は、ソフトウェアのオブジェクトの状態や設定、属性になります。

いろいろなところで使われており、ファイルの「プロパティ」をチェックすればファイルの名前、作った日時、作った人などがわかります。

また、システムの「プロパティ」やパソコン周辺機器のマウスなどの「プロパティ」もあります。

ハードディスクの「プロパティ」では、エラーチェックやディスクの空き容量のチェック、ディスクの共有設定、最適化の実行などができます。

ドキュメントの「プロパティ」では、タイトル、作った人、コメントが記録できます。

Windowsの「プロパティ」

「プロパティ」の呼び名は、Windowsのバージョンアップのたびに変わっていきました。

例えば、「プロパティ」がWindowsXPまでは使われていましたが、個人設定にWindows Vistaからはなっています。

そのため、「プロパティ」という用語は設定などの用語に変わると考えられます。

ビジネス関係の「プロパティ」

ビジネス関係の「プロパティ」は、企業として儲けを生み出す元としての「所有物」「財産」にあたるものです。

例えば、ロゴデザインや登録商標、キャラクターやブランド名・企業名、ライセンスがある資産などがあります。

法的にもこのような「プロパティ」は保護されているときが多くあり、無断で使ったり、同じようなものを作ったりすれば、違法になります。

「プロパティ」の英語表現とは?

「property」が、「プロパティ」の英語表現になります。

「property」の意味は、財産、所有物、資産、所有地、土地、建物、地所、所有、所有権、特性、特質などです。

「property」を使った慣用語・例文としては、次のようなものなどがあります。

「a man of property」(財産家)

「self-confidence is not an endearing property」(うぬぼれの性質は他の人に好まれない)

「Is this your property?」(これはあなたのものですか?)

「ステータス」と「プロパティ」の違いとは?

ここでは、「ステータス」と「プロパティ」の違いについてご紹介します。

「ステータス」というのは、ネットワークやコンピュータなどで動作しているソフトウェアやハードウェアの状態のことです。

ウィンドウの底辺にある「ステータスバー」にWindowsアプリのときは表示されており、常にチェックすることができます。

なお、「ステータス」の意味としては、ゲームキャラクターの「能力値」というものもあります。

また、「ステータス」の意味としては、社会的地位やこれを表現するものということもあります。

「ステータス」の由来は英単語の「status」ですが、「立っていること」を表現するラテン語の「status」が英単語の「status」の語源です。

ここから英単語の「status」の意味の「状況」「立場」ということが派生し、「ステータス」にも引き継ぎされています。

「ステータス」と「プロパティ」はいずれもコンピュータに関係する言葉ですが、はっきりした違いが意味にはあります。

「ステータス」は動作中に変わる「動的」な情報を表現していますが、「プロパティ」はデータやファイルなどの属性や設定状態というような「静的」な情報を表現しています。

「プロパティマネジメント」とは?

「プロパティマネジメント」というのは、不動産の持ち主から頼まれて、持ち主の利益を確保するために、代わりに不動産経営を行うこと、または不動産管理会社です。

「アセットマネジメント」に近いものですが、「アセットマネジメント」はいくつかの不動産の投資ポートフォリオ管理の仕事で、「プロパティマネジメント」は賃貸不動産の個別の現場管理人、または現場監督のような感じです。

所有と経営の分離が不動産経営にも必要である

不動産経営は、年々複雑になり、難しくなっています。

そのため、不動産の持ち主に代わって、実務を不動産経営のプロが担当する「プロパティマネジメント」に対する需要がアップしています。

報酬を支払って難しい投資は不動産経営のプロに任せて、不動産経営を早期に軌道に乗せて儲けの最大化を図ることによって、「プロパティマネジメント」の会社と不動産の持ち主は、Win-Winの関係をお互いに築くことができます。

所有と経営の分離とこのことをいいます。

株式会社制度のメリットを説明する考え方が、もともとの所有と経営の分離です。

会社を動かすのは持ち主の株主でなく、取締役に会社経営のプロを据えて、専念して経営活動をさせる方が会社の業績がアップしやすいと考えられます。

そのため、持ち主は株式からの儲けも獲得しやすくなるという考え方です。

「プロパティマネジメント」の仕事内容

ここでは、「プロパティマネジメント」の仕事内容についてご紹介します。

収益のアップ

持ち主の投資不動産から獲得できる収益をアップさせ、運営費用を抑える仕事です。

例えば、空室があるときは、宣伝したり、新しく入居する人を確保したりします。

また、入居している人が退去しないように、満足度をアップする施策も要求されるでしょう。

不動産の収益をアップする能力を持っている「プロパティマネジメント」は、持ち主から信頼され、長期的にマネジメント契約も続くようになります。

わかりやすいインセンティブ報酬などのメリットがなくても、長期的にみると安定した収益を「プロパティマネジメント」から獲得できます。

日常管理

入居している人がいれば、管理する仕事が必要になります。

具体的な仕事としては、共用部分の掃除や巡回、物件の修繕や消耗品の交換、クレーム対応や事務手続き、家賃の催促や回収などがあります。

掃除をして物件の快適性を確保したり、物件の不備をこまめな巡回によって見つけたり、不審者が侵入することを防止したりすることは、収益のアップに繋がるでしょう。

 資産価値のアップ

時代が変わるにつれて、物理的な物件の劣化や時代遅れ感を感知して、リノベーションや規模の大きな修繕を行う仕事も、「プロパティマネジメント」には要求されます。

リノベーションや規模の大きな修繕を行うときは、入居している人の日常生活に与える影響が最も小さくなるように気配りし、入念なプランを作って、入居している人に前もって十分に説明する必要があります。

物件のメリットを多くして、資産価値をアップさせる「プロパティマネジメント」は、収益のアップにも繋がります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。