リスペクトとは? 語源や使い方、類義語・対義語などを解説




リスペクトとは?

リスペクトというのは、敬意を払うこと、尊敬することという意味のカタカナ語です。

リスペクトは、言動や人、作品などについて敬意を表現したり、優れているとして心服したりするときに使います。

リスペクトの語源とは?

「リスペクト」の語源は、「respect」という英単語です。

「respect」の意味としては尊敬する、尊敬ということがあるため、カタカナ語にこの意味のままでなりました。

しかし、「respect」の意味は尊敬ということのみではありません。

「respect」の意味としては、優劣に関係なく価値が存在そのものにあるとして尊重するということもあります。

外国では「respect」を尊重という意味で使うことが多くあるため、やり取りを英語圏の人と行うときは注意する必要があります。

また、「respect」の意味としては、重視、観点、配慮などもあります。

いずれの意味も、リスペクトのカタカナ語の意味としてはないものです。

リスペクトの使い方とは?

ここでは、リスペクトの使い方についてご紹介します。

リスペクトは、リスペクトするとして主として使われています。

日本語のリスペクトは名詞の尊敬として使われており、日本語のリスペクトするは動詞の尊敬するとして使われています。

名詞としてリスペクトを使うときの表現は、「まじお前のそういうとこリスペクト☆」などがあります。

動詞としてリスペクトを使うときの表現は、「まじお前のそういうとこリスペクトしてる☆」などがあります。

しかし、このような表現は、尊敬という言葉がもともと持っている意味よりも軽くなりがちです。

相手を本当に尊敬していることを伝えたいときは、「リスペクトしています」を使うようする必要があります。

というのは、馬鹿にしているのかと相手によっては思われるときもあるためです。

そのため、目上の方やビジネスシーンなどでは使わないようにしましょう。

軽く使っていない人ももしかするといるでしょうが、日本語を本当に尊敬しているときは使うようにするのがおすすめです。

例えば、「尊敬しています」と日本語でいうようにしましょう。

これ以外の表現としては、次のようなものなどがあります。

  • 「ものをはっきりという彼女をリスペクトしている。」
  • 「あなたのことはもうリスペクトできません。」
  • 「リスペクトしているといわれたが、これは馬鹿にしてるよね。」
  • 「俺の分も限定品ゲットしてくれたの?まじリスペクト。」

リスペクトの類義語とは?

ここでは、リスペクトの類義語についてご紹介します。

一目おく

尊敬の意味のリスペクトの類義語としては、一目おくがあります。

一目おくの意味は、自分よりも相手の方が優れていると認めることです。

一目おくは、目上の方には使うことができませんが、ビジネスシーンでもリスペクトと違って使えます。

オマージュ

影響を受けるときのリスペクトの類義語としては、オマージュがあります。

オマージュは、影響を尊敬する作品から受けることとして使われます。

リスペクトと同じように、前提としては盗作ではないことがあります。

尊敬という意味のフランス語がオマージュの語源ですが、尊敬という意味ではカタカナ語のオマージュを使いません。

揶揄するために似せた作品や内容がたまたま同じような作品も、オマージュ作品と表現されるときがあります。

しかし、尊敬を意味する語源であるため、厳密には使い方が間違っているといえます。

インスパイア

感情や思想が吹き込まれる、感化されるという意味のリスペクトの類義語としては、インスパイアがあります。

インスパイアのニュアンスは、意図的に手本にしたり模倣したりしたものではなく、影響されてしまう、吹き込まれてしまうというようなものです。

インスパイアは、映画や芸術作品などに主として使われています。

リスペクトの対義語とは?

ここでは、リスペクトの対義語についてご紹介します。

ディスリスペクト

リスペクトの対義語としては、ディスリスペクトがあります。

ディスリスペクトの意味は、けなすこと、否定することです。

ディスリスペクトは、ヒップホップのジャンルで主として使われています。

ライバルのアーティストや権力、社会を批判することを、ディスリスペクトといいます。

ディスる

リスペクトの対義語としては、ディスるがあります。

ディスるというのはディスリスペクトを短くしたもので、意味はけなす、否定するということです。

また、ディスるはディスってるのように使うときもあります。

ディスるは、初めはヒップホップのジャンルのスラングでしたが、テレビやインターネットなどを介してだんだん浸透してきました。

現在は、ジャンルに関係なく、若者語のカジュアルなものとして定着してきています。

意味も変わってきて、けなす相手を限定しないで使うようになりました。

リスペクトの英語表現とは?

ここでは、リスペクトの英語表現についてご紹介します。

カタカナ語のリスペクトの英語表現は、「respect」になります。

「respect」は、名詞と動詞が同じ英単語です。

動詞の「respect」の意味は、重んじる、尊敬するということです。

名詞の「respect」の意味は、尊敬、尊重、敬意ということです。

ここでは、「respect」を使った例文についてご紹介します。

  • 「He loves and respects his mom.」(彼は母親を尊敬し、愛している。)

この例文は、主語+respect+人で、人を尊敬しているという意味になります。

  • 「My boss respects my idea.」(私の上長は私の考えを尊重している。)

この例文は、主語+respect+ものごとで、ものごとを尊重しているという意味になります。

動詞として「respect」が使われるときは、人やものごとを尊敬するというスタイルになるでしょう。

  • 「We should have a respect for age.」(私たちは高齢者に敬意を示すべきだ。)

この例文は、敬意という名詞として「respect」を使っています。

動詞と名詞のいずれで「respect」を使うかは非常に大切であるため、注意しましょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。