「バジェット」の意味とは?使い方や語源、決定方法などを解説




「バジェット」の意味とは?

「バジェット」はビジネスシーンでは、「予算」という意味で使用される時が多くあります。

しかし、「バジェット」は文脈によっては「低予算の」とういう意味で使用される時もあります。

そのため、「バジェット」の意味は、文脈に応じて捉えましょう。

「バジェット」の使い方とは?

ここでは、「バゲット」の使い方についてご紹介します。

「ビッグバジェット」

「ビッグバジェット」は、芸能ビジネスの映画業界などでよく使用されますが、意味は「大きい予算」ということです。

規模の大きな予算が組まれた大きなスケールの映画を制作する時の説明では、「ビッグバジェット」という言葉を聞くことがあるでしょう。

「ローバジェット」

「ローバジェット」は、「ビッグバジェット」の対義語で、意味は「少ない予算」ということです。

「バジェット不足」

「バジェット不足」の意味は、「予算不足」ということです。

「バジェット不足」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「今回のプロジェクトは、バジェット不足のために諦めるしかない。」
  • 「バジェット不足であったが、新しいスポンサーが現れてオープニングにはなんとか間に合った。」

プロジェクトをスタートする時は、予算が不足すると大変です。

このような時は、「バジェット不足」という言葉が使用されます。

「バジェット次第」

プロジェクトの内容がいかにいいということでも、予算が不足するとプロジェクトはスタートすることができません。

このような時に、「予算次第」という意味の「バジェット次第」という言葉が使用されます。

「バジェット次第」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「バジェット次第でどうにかなる。」
  • 「このプロジェクトがスタートできるかはバジェット次第である。」

「バジェットエアライン」

「バジェットエアライン」は、簡素なサービスにしてフライト料金を安くしたものです。

例えば、座席を指定しない、機内食を廃止して機内で販売するなど、顧客に対するサービスを少なくしてフライト料金を安くすることです。

なお、人気がある「バジェットトラベラー」は、「格安航空会社」という意味です。

「バジェットレンタカー」

「バジェットレンタカー」の意味は「格安のレンタカー」ということで、社名にこれをそのまま使用しているレンタカー業者もあります。

また、レンタルする車の中でも、燃費がいい小さめの普通車のコンパクトカーを「バジェットレンタカー」という時もあります。

「バジェットホテル」

「バジェットホテル」の意味は、「低価格のホテル」ということです。

コストパフォーマンスがいいということではなく、基本的に安いということであるため、「バジェットホテル」を選択する時はしっかりとその内容も確認しましょう。

「バジェット」の語源とは?

英語の「budget」が、「バジェット」の語源です。

「budget」には、形容詞としての意味と名詞としての意味があります。

名詞の「経費」「予算」「家計」が、主な意味になります。

家庭で使用する「家計」という意味から会社などで使用する「経費」「予算」という意味まで、幅広い意味があります。

英単語を「budget」の前に置いた「family budget」(家計)や「government budget」(政府予算)などのように、どのような意味で使用されているかをわかりやすくする時が多くあります。

形容詞としての意味は、「格安の」や「低予算の」などがあります。

「バジェット」の意味を判断する時は、名詞として使用されているのか、それとも形容詞として使用されているのかという見極めも必要になります。

例えば、名詞として使用した「トラベルバジェット」の意味は、「旅行の予算」ということになります。

一方、形容詞として使用した「バジェットトラベル」の意味は、「低予算の旅行」「貧乏旅行」などになります。

「バジェット」の決め方とは?

ここでは、「バジェット」の決め方についてご紹介します。

当然ですが、「バジェット」は業種よって違っていたりするため、ここでご紹介するものは参考程度にしてください。

まず、月の「バジェット」を決める時は、目標CPAと目標の獲得件数を決めます。

目標CPAというのは、1件を獲得するためにどの程度の「バジェット」がかけられるかということで、目標コンバージョン単価になります。

目標 CPA を決める時は、LTV(ライフタイムバリュー)を考慮しましょう。

LTV(ライフタイムバリュー)というのは、その商品に対してユーザーが支払う合計の金額のことです。

例えば、1回しか1000円のサプリを買わないユーザーは、1000円しかその商品に対して支払いませんが、5回これをリピートして買ってくれると、その商品に対しては合計で5000円を支払うようになります。

当然ですが、リピート回数も支払額もユーザーによって違ってくるため、この平均支払額を計算してLTVとします。

そのため、「この商品は1000円の販売価格であるため、1000円以下のCPAにしないと…」と考えないで、「この商品は5000円のLTVであるため、5000円以下に目標CPAにしよう」と考えます。

次に、目標の獲得件数を決めます。

目標の獲得件数を決める時は、「どの地点を獲得するか」をまず決めます。

獲得するのが「サイトでユーザーが商品を申し込む」ということであれば、何件を獲得する必要があるかを決めます。

しかし、場合によっては、「無料セミナーをサイトで申し込みする」ということを獲得して、セミナーにこの後に参加した人に商品を買ってもらうように促すこともあるでしょう。

このような時は、目標の獲得件数をセミナーの引き上げ率も考慮したうえで決める必要があります。

例えば、10件の受注を月に目標にしており、セミナーに参加した人の2割が商品を買ってくれるのであれば、「無料セミナーのサイトでの申し込み件数」は50件は必要になるでしょう。

「 バジェット」の類義語とは?

ここでは、「バジェット」の類義語についてご紹介します。

「経費」「予算」

「バジェット」という言葉が名詞として使われる時は、「経費」「予算」という意味にほとんどなります。

例えば、「主力ビジネスにおける翌年度のバジェット」という時は、「主力ビジネスにおける翌年度の予算」という意味になります。

「低予算の」「低価格の」

「バジェット」という言葉が形容詞として使われる時は、「低予算の」「低価格の」というような意味になります。

「割安」「格安」

「バジェット」の意味は「低価格」というようなことから、「割安」「格安」が類義語になります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。