「閑職(かんしょく)」の意味と使い方とは?例文やトラブルの事例などを解説




「閑職(かんしょく)」の意味とは?

「閑職」というのは、「非常に職務が少ないことや職責がなく大切でない職務」を意味します。

「閑職」の「閑」の意味は「やることがなく暇」「静か」というようなことがあり、「閑職」は「大切でない暇な職務」になります。

「閑職」は、「左遷」という言葉と一緒によく使われます。

「左遷」の意味は、「従来の職務から低い職務に落とすこと」ということです。

「閑職」の特徴とは?

ここでは、「閑職」の特徴についてご紹介します。

業務量が少ない

「閑職」の特徴は、極端に業務量が少ない職務をいうときが多いことです。

例えば、出勤してもやることが特になく、仕事が頼まれるまでネットを見たり掃除をしたりして時間をつぶしたりします。

また、「閑職」の部署というような定義はありませんが、花形部署のマーケティング企画や営業などというような部署に比較して、社内向けの業務のバックオフィスを担う部署に使われるときが多くあるでしょう。

淡々と誰でもできるような業務を繰り返す

業務量が少ないのみでなく、簡単な業務のときに「閑職」ということがあります。

例えば、文具類を注文することのみが主な仕事であるというように、淡々と誰でもできるような業務を繰り返すようなものは、「閑職」といえるでしょう。

当然ですが、文具類を管理することも必要な一つの業務ですが、このような業務は普通別の業務と一緒に行うようになっています。

単純な業務だけを行う職務は、最終的によく暇になるため、「閑職」といわれやすくなります。

「閑職」の使い方の例文とは?

「閑職」の意味は「大切ではない地位や職務」ということになるため、社内において役職は一応あるが、第一線ではなく、暇をつぶしているような社員のことをいいます。

ここでは、「閑職」の使い方の例文についてご紹介します。

例文1

「閑職になれば、新しい自分の生活プランを見直すときです。新しい転職などの段階に移るために準備する期間になります。」

会社で閑職になったときは、今から自分がどのように行動するかを十分に検討することができるいい機会です。

今からの生活プランを十分に検討する機会になります。

例文2

「閑職になったときは、自分の境遇にがっかりしないで、スキルの見直しができる機会であると考えることです。」

「閑職」になれば、気持ちがやはり落ち込んで、業務に対する意欲が低下してしまいます。

しかし、このようなときこそ新しく自分が考えた方向に、ステップアップができる機会であると考えることです。

年配の方であれば、普段できなかったITのスキルアップができ、資格を取るために学習するのもおすすめです。

「閑職」によって発生するトラブルとは?

いろいろなトラブルが、閑職によって発生します。

特に、メンタル的な病気や自信が無くなるような体調悪化などがあります。

そのため、まず「閑職」でも仕事ができることに感謝しましょう。

愚痴をいつまでもいっていれば、毎日が楽しくなくなります。

同じような世代でも職を失って、思うように生活ができない人が多くいます。

常にこのことを考えておきましょう。

そして、可能な限り閑職になった人と会いましょう。

勇気と癒やしがもらえるでしょう。

ここでは、「閑職」によって発生するトラブルについてご紹介します。

モチベーションが下がる

閑職になったときは、やはりモチベーションが下がってきます。

人生において遭遇する困難は、メンタル的に成長するためのきっかけであるといわれています。

閑職になったことに悩んで苦しんだときは、なんとかそのトラブルを解決する努力をしましょう。

過去の多くの人が、チャンスにピンチを変えています。

希望を持って、それ以上モチベーションが下がらないようにしましょう。

うつになる

閑職になったときは、うつにならないように注意しましょう。

閑職になった人は、毎日が地獄のようであるという意見もあります。

同僚が出世していく中において、他の人から必要とされないで役立たないまま、長時間職場で過ごす必要があります。

給料も少なくなってプレッシャーを家族から受けるなど、メンタル的な閑職によるダメージは相当大きくなります。

人は絶えずプライドが傷つけられるときは、ストレスがかかるといえます。

体調が悪くなる

閑職になって体調が悪くなるときもよくあります。

健康面において治療が必要なときは、職場の人にきちんと通院するスケジュールなどを報告しましょう。

定年まで仕事をする必要があるため、ちょっとでも楽しく仕事ができるように、他の人に自分から働きかけることが大切です。

「閑職」になったときの過ごし方とは?

閑職になったときは、立ち直れなくなるような人もいますが、このときに諦めないようにしましょう。

社員としての立場は従来通り保護されているため、慌てないようにして冷静に一旦なりましょう。

大切なのは逆転の発想です。

ここでは、「閑職」になったときの過ごし方についてご紹介します。

「閑職」になったときは、ぜひ参考にしてください。

頼まれた可能なことはやる

「閑職」になってがっかりするでしょうが、頼まれた業務はやり遂げましょう。

不満や不平をいって頼まれた仕事もやらないと、全く意味がありません。

会社に雇われて給料をもらえるのは同じであるため、責任を持って頼まれた業務はまずやり遂げるようにしましょう。

きちんと頼まれた業務はやるということを見せるのみでも、他の人の目はだんだん変わっていきます。

なげやりに決してならないようにしましょう。

資格を取得するための学習をする

時間がせっかくあるため、「閑職」になったときは資格を取得するために積極的に学習しましょう。

起業や転職を将来的に考えているときは、必要な資格や知識を調査して、コツコツと仕事の合間に学習するようにしましょう。

しかし、いかに「閑職」ということでも、堂々と資格を取得するための本を仕事をしているときに読まないようにしましょう。

前もって、ノートなどに資格を取得するための本の内容を書いておいて、これを見る方が他の人の視線を気にしないで学習することができるためおすすめです。

「閑職」の類義語とは?

ここでは、「閑職」の類義語についてご紹介します。

「低い重要度の職務」

「閑職」の類義語としては、「低い重要度の職務」という表現があります。

意味としては、要求されている内容が多くなくて、働きがい・やりがいが感じられない職務になります。

「窓際族」

「閑職」の類義語としては、「窓際族」もあります。

「窓際族」の意味は、「団体や企業の職場で、閑職になった余った職員や社員」のことです。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。