「オーガナイザー」の意味とは?ビジネスシーンでの使い方などを解説




「オーガナイザー」の意味とは?

「オーガナイザー」の意味は、「主催者」「組織者」「まとめ役」です。

「オーガナイズ」の英語表現の「organize」の意味は、もともと「編成する」「組織する」「体系づける」「整理する」などがあります。

これに「~する人」の英語表現の「er」をつけると「オーガナイザー」になります。

そのため、「オーガナイザー」の意味は、組織の元や核になる人、人を多く集めて組織を作る人になります。

労働組合や政治で「組織に誘う人」の意味でもともと使われていた言葉ですが、「組織の元の人」の意味で最近は使われています。

「オーガナイザー」は「オルグ」と略して言われるときもあります。

「オーガナイザー」の語源とは?

「オーガナイザー」の英語表現の「organizer」は、動詞の「organize」がベースの言葉です。

「organize」の意味は「組織する」「取りまとめる」「系統立てる」ですが、由来は名詞の「organ」になっています。

「organ」の意味としては、楽器のオルガン、動植物の器官、情報や政治などの機関があり、古代ギリシャ語の「organon」が語源であるとされています。

古代ギリシャ語の「organon」の意味は、「道具」です。

ここから派生して、音楽を演奏するための道具である「楽器」、動植物にとっての道具である「器官」、活動するための道具である「組織」「機関」という意味になりました。

なお、「organize」の意味は「労働組合を作る」というものがあるので、「organ」が語源の単語としては、思想活動や政治活動の運動や組織をまとめるときにも頻繫に使われます。

ファッションにおける「オーガナイザー」の意味とは?

「オーガナイザー」の意味は、いろいろな状況によって適切なものが違ってきます。

ここでは、ファッションにおける「オーガナイザー」の意味についてご紹介します。

「クローゼットオーガナイザー」

例えば、ファッションにおける「オーガナイザー」としては「クローゼットオーガナイザー」があります。

「クローゼットオーガナイザー」の意味は、「クローゼットを整理してくれる人」です。

毎日クローゼットは使うので、ファッションとは深い関係があるため、ファッションについてよく知っている「クローゼットオーガナイザー」のサポートによって、クローゼットの整理が効率よくできます。

「バッグオーガナイザー」

「バッグオーガナイザー」の意味は、「バッグを整理してくれる物」です。

すぐにバッグの中がごちゃごちゃになるときは、「バッグオーガナイザー」が最もおすすめです。

バッグの中には整理ができるような仕組みが多くあり、非常に効率よくバッグの中が整理できます。

「財布オーガナイザー」

「財布オーガナイザー」というのは財布がメインですが、多機能のバッグとしての機能もある財布のことです。

クラッチバッグと同じようなものですが、クラッチバッグは多くは女性用のものであるため、男性用で同じようなものが欲しいときは、「財布オーガナイザー」で探せば非常に役立ちます。

「オーガナイザーリュック」

「オーガナイザーリュック」は、整理しやすいように考えられているリュックです。

「オーガナイザーポケット」がついているリュックもあります。

「オーガナイザーポケット」がついていると、小物のようにリュックの中でわからなくなるものを探したいときにすぐに見つかります。

「バッグインバッグ」あるいは「リュックインバッグ」と言われるときもあります。

いずれも整理することに特化したリュックです。

「バッグインバッグ」の方が「オーガナイザーリュック」よりもよく知られているかもしれません。

「オーガナイザー」のビジネスシーンでの使い方とは?

「オーガナイザー」は人や役職を表現する名詞ですが、動詞として「オーガナイズする」というように使うこともできます。

ここでは、「オーガナイザー」のビジネスシーンでの使い方についてご紹介します。

「行事のオーガナイザーとして活躍する」

役職でなくても、総指揮、発案する立場の人を「オーガナイザー」というときもあります。

使い方としては、次のようなものがあります。

「オーガナイズした団体を披露する」

このときの意味は「取りまとめる」ということです。

「オーガナイズして企画をプレゼンする」

このときの意味は「発案・企画する」ということです。

ビジネスシーンでも「オーガナイザー」は頻繫に使われる

広い意味で「オーガナイザー」は使われます。

「オーガナイザー」はビジネスシーンでも聞くことが多いでしょう。

「オーガナイザー」の意味を把握しておくと、名刺を見たときにどのような役職かがすぐにわかります。

しかし、会話において「オーガナイザー」のような横文字を多く使い過ぎれば、相手が不快に思うときもあるため必要以上に使うのは止めましょう。

「ライフオーガナイザー」とは?

職業としての「ライフオーガナイザー」の仕事内容などについてはそれほど知られていないでしょう。

「ライフオーガナイザー」の職業は、まだ発展している段階にあるため、働き方としてはいろいろ多くなっていくと予測されます。

ここでは、「ライフオーガナイザー」についてご紹介します。

「ライフオーガナイザー」は、従来のような収納や整理をアドバイスする人とはちょっと異なった特徴があります。

整理が得意でないという人や清掃する方法がわからないという人は、収納や整理についての経験や知識がないため当然ですが、片づかないでしょう。

しかし、もし収納や整理についてのスキルを完全にマスターしたとしても片づかないときがあります。

というのは、収納や整理を行うには技術が必要ですが、これよりも収納や整理をしようと思う動機づけが必要であるためです。

「ライフオーガナイザー」は、考え方やメンタル面、スケジュールを整理するために多くのノウハウを持っており、このようなノウハウを利用することによって収納や整理を行いとして動機づけができます。

そのため、「ライフオーガナイザー」によって、ライフプランも組み立てることができます。

「ライフオーガナイザー」はアメリカで生まれた新しい職業ですが、日本人のライフスタイルが日本人にはあります。

日本人のために設けられているのが、民間の協会が認定している「ライフオーガナイザー資格」です。

「ライフオーガナイザー」の仕事内容は、「部屋の中が整理できない」と悩んでいる人から頼まれて整理のサポートを行うことです。

そのため、便利屋やハウスクリーニングの仕事内容と同じようなものかもしれません。

しかし、掃除を単に行うのみではありません。

綺麗な状態を今後も保つために、「オーガナイズ」についての知識をカウンセリングなどを通して広める活動を行っています。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。