「カンファレンス」の意味とは?使い方や使われるシーンなどを解説




「カンファレンス」の意味とは?

「協議会」や「会議」などが、「カンファレンス」の意味になります。

ビジネスシーンにおいては、会議を意味する「経営カンファレンス」などのような言葉として使います。

「カンファレンス」は、スポーツや医療でも使われています。

また、「コンファレンス」と「カンファレンス」はいわれる時もありますが、両方とも発音が違うのみで、意味は同じです。

「カンファレンス」の使い方とは?

ここでは、「カンファレンス」の使い方についてご紹介します。

「ITカンファレンスに参加する」

「ITカンファレンスに参加する」の意味は、「ITの催しに参加する」ということになります。

ビジネスのジャンルでは大小に関係なくカンファレンスがいろいろ開催されているので、自分に適したカンファレンスに参加することによってスキルアップを図ることなどができるでしょう。

「ケアカンファレンスが開催される」

「ケアカンファレンス」の意味は、「協議」や「会議」ということになります。

そのため、「ケアカンファレンスが開催される」の意味は、「よりいい医療サービスを提供するための協議や会議が開催される」ということになるでしょう。

「ケアカンファレンス」は、ビジネス系カンファレンスに比較すれば小さい規模であることが想定され、情報を職場内で共有するために開催されるようなものが多いイメージです。

「テレカン」

「テレカン」というのは「テレフォンカンファレンス」を省略したものであり、電話を使って「カンファレンス」を遠隔地にいる人同士で行うものです。

「テレフォンカンファレンス」を行うことによって、一同に全員が集まる必要がなく、また集まる場所を準備する必要もないので費用を低減することができます。

「カンファレンス」が使われるシーンとは?

ここでは、「カンファレンス」が使われるシーンについてご紹介します。

ビジネスシーン

ビジネスシーンで「カンファレンス」が使われる時は、「協議」や「会議」になり、使い方としては「 IT カンファレンス」「経営カンファレンス」のようなものがあります。

いずれも「ITのための協議」「経営のための会議」になり、使い方としては大きくイメージを外すものではありません。

スポーツ業界

「カンファレンス」という言葉は、スポーツ業界でも使われる時があります。

この時の意味は「同盟」「連盟」になり、使い方としては「ウエスタンカンファレンス」「イースタンカンファレンス」というようなものがあります。

介護、看護、病院の医療関係

また、「カンファレンス」という言葉は、頻繁に医療関係でも使われます。

「運営カンファレンス」「ケアカンファレンス」というものがあり、前者は「より効率的に病院を運営するための協議」、後者は「よりいい医療サービスを患者に提供するための会議」になるでしょう。

テーマを決定して取り組むもの

医療分野やビジネスにおける「カンファレンス」は、テーマを何かしら決定して取り組むものになります。

「よりいい医療サービスの提供」というテーマに基づいて、先にご紹介した「ケアカンファレンス」は実施されるものであり、テーマについての新しい展望や解決を何かしら臨むものになるでしょう。

「カンファレンス」の関連用語とは?

「カンファレンス」が出てくる会話では、カタカナ語として一緒に使われやすいものがいくつもあります。

ここでは、「カンファレンス」の関連用語についてご紹介します。

「カンファレンスルーム」

「カンファレンス」を行う部屋が、「カンファレンスルーム」です。

一般的に、「カンファレンス」は多くの人数で行います。

そのため、多くの人数が収容できることが必要で、資料を全員に説明するためにプロジェクターを投影するスクリーンも必要になります。

「カンファレンスルーム」は、このような設備がある部屋です。

「カンファレンスコール」

ビジネスシーンでは、「カンファレンスコール」は電話会議のことです。

最近は、テレビ電話システムが使われる時も多くありますが、この時は「ビデオカンファレンスコール」になります。

しかし、電話会議というとテレビ電話が当然のようになっている会社では、「カンファレンスコール」とテレビ電話でもいう時があるため、状況によって判断する必要があります。

「カンファレンスセンター」

「カンファレンスセンター」は、宴会場や会議室が設けられ、会社の研修や会議に使われる時が多いホテルをいいます。

これ以外に、「カンファレンスセンター」という名前は、レンタルスペースや貸し会議室を持っている施設に付いている時もあり、大きな百人規模のホールを持っていることも施設によってはあります。

「カンファレンスアプリ」

「カンファレンスアプリ」というのは、テレビ電話会議が手軽にできるものです。

普通は、回線を接続するためにログインしてパスワードを入力する必要があるため、手軽に接続はできません。

しかし、「カンファレンスアプリ」を使うと、チャットように容易に利用でき、ユーザーの情報もわかるので、参加しているのはどのような人かもわかることがメリットです。

「カンファレンス」の類義語とは?

ここでは、「カンファレンス」の類義語についてご紹介します。

「ミーティング」

「ミーティング」の意味は、「打ち合わせのための会議」「会合」などです。

ここでは、「ミーティング」と「カンファレンス」の意味合いの違いについてご紹介しましょう。

  • 「ミーティング」は割合少人数の会議
  • 「カンファレンス」は大人数の会合、規模の大きな会議

「ミーティング」を使った例文としては、次のようなものがあります。

「来週の会議のために、今日は二人でミーティングを行った。」

「ディスカッション」

「ディスカッション」の意味は、「討論」「討議」などです。

意味としては「情報の共有や交換、トラブル解決ために協議をする」ということが含まれており、少ない人数で話し合うことを表します。

「ディスカッション」を「カンファレンス」の中で行う時もあり、特徴は規模が全体的に小さいことです。

「ディスカッション」を使った例文としては、次のようなものがあります。

「他の人と、ディスカッションを通じて情報を交換した。」

「カンファレンス」の英語表現とは?

「Conference」が、「カンファレンス」の英語表現です。

「Conference」は、「con」(共に)と「fer」(持ち寄る)「ence」(こと)から成り立っています。

「Conference」を使った例文としては、次のようなものがあります。

「The conference will take place in February.」 (学会は2月に行われます。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。